在職強要

会社を辞めたいのに辞められない

会社を辞めたいのに辞められない

あなたが会社を辞めたいと申し出たにもかかわらず、会社が退職させてくれない場合、あなたは会社を辞めることができないのでしょうか。

法律上、期間の定めのない労働契約の場合、労働者から申し出る「辞職」は、原則として2週間前に申し出ればよく、使用者の承諾を要しないものとされています。

そのため、退職届を出したにもかかわらず、会社がこれを受理せず、「一方的に辞めることは許されない。」と言われたとしても、使用者(雇用主など)の承諾は不要ですし、具体的な退職理由を申告する必要も特に必要ありません。退職理由は「一身上の都合」で十分です。

もっとも、就業規則に手続が定められている場合には注意が必要ですし、会社とトラブルになると退職の手続が円滑に進まない可能性もあります。

弁護士による会社との交渉で、在職強要を解決

会社を辞めたいのに、会社に引き留められそうで言い出せない・会社に辞めたいと言ったものの会社に引き留められ、もしくは拒否されて、辞めるなら損害賠償請求すると言われてしまった…。
一労働者が会社に対して強い姿勢で交渉することは容易なことではありません。会社側の言い分が正当なものなのかどうか分からないまま、結局は会社に逆らえずに、仕事に対する意欲もないまま時間だけが過ぎていくことは誰にとっても得になりません。

弁護士に依頼することで、弁護士が、会社側の根拠のない損害賠償請求を拒否したり、退職の際に会社が作成すべき書類を滞りなく作成するよう会社側に促したりして、円滑な退職に向けてサポートしていきます。弁護士が間に入ることで、会社側が法的に理由のない主張を取り下げることが期待できます。

会社を辞める際に、使用者との間でトラブルが発生しそうな場合は、ベリーベスト法律事務所の弁護士にご相談下さい。

会社を辞めたいのに辞められない在職強要でお悩みの方

  • 退職届を出しても受理してもらえない
  • 「人を探すまで待ってほしい」と言われ続けている
  • 「辞めたら損害賠償請求する」と脅されている
  • 会社に損害を与えるので、勤務最終月の給与は払わないといわれた

納得できないのであれば、泣き寝入りせず、早い段階で労働問題専門チームの弁護士に相談してください。
ベリーベスト法律事務所では、在職強要の解決についても多数の実績があります。

退職サポートプラン

上司や人事へうまく退職意思を伝える自信はありますか?

上司や人事へうまく退職意思を伝える自信はありますか?

「転職が決まった」、「人間関係に疲れた」、「ブラックすぎて働き続けられない」等と今の会社を辞める決意をしたあなた。

なかなかうまく辞めるのは難しく、トラブルになった場合は多大なストレスがかかります。
会社に退職を申し出ても辞めさせてもらえない時、弁護士があなたのお力になります!

個人が会社と対等に交渉するのは難しいことですが、弁護士があなたの代わりに会社と話し合い、円満退職を目指します。

閉じる
PAGE TOP