【重要】労働だけの特殊なお知らせを掲載します。本番前に非表示対応

よくある質問

解雇だと言われたが会社が理由を教えてくれない場合、弁護士に相談する意味はありますか?

依頼者

突然、上司から、来月から出勤するなと言われました。
理由を聞いても「自分の胸に手を当てて考えてみろ。」と言ったきり 何も教えてくれません。理由が分からないと弁護士に相談しても意味がないでしょうか。

弁護士

すぐに弁護士に相談する必要があります。

上司は、あなたに解雇の予告をした可能性があり、会社は、あなたが解雇の理由について証明書を請求した場合には、遅滞なく交付する必要があります(労働基準法22条)。

しかしながら、現実には、この証明書の交付も含め、労働者の方が求めただけでは何の対応もせず、弁護士が代理人として会社に連絡してはじめて対応する会社も多いので、できるだけ早く弁護士に相談して会社との交渉を依頼することをお勧めします。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。残業代請求・不当解雇などの労働問題に限らず、離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214