その他の労働問題の費用

5000円/30分・税抜

  • ※有料相談です
  • ※初回相談より上記費用を頂戴いたします

このような方が対象です

職場内のトラブル

パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、職場いじめ・嫌がらせ

労働条件に関する問題

労働条件変更(賃金引き下げ等)、長時間労働、人事異動(配転・出向・転籍)、休職

職場の秩序

内部告発・公益通報、コンプライアンス

その他

派遣労働、高齢者雇用、パート従業員、出産・育児に伴う労働問題、役員解任 ブラック企業、過労問題

着手金

着手金とは、ご依頼いただいた際に弁護士が頂戴する代金です

交渉事件の着手金

対象となる経済的利益の額 着手金
300万円以下 5%(ただし、最低5万円)
300万円~3000万円 3%+6万円
3000万円~3億円 2%+36万円
3億円以上 1%+336万円
  • なお、弁護士の作業時間は受領した着手金を2万円で除した時間を上限とし、上限時間を超えた場合には、1時間あたり2万円の追加料金が発生します。

訴訟・調停事件の着手金

対象となる経済的利益の額 着手金
300万円以下 10%(ただし、最低20万円)
300万円~3000万円 5%+15万円
3000万円~3億円 3%+75万円
3億円以上 2%+375万円
  • なお、弁護士の出廷回数は、受領した着手金を4万円で除した回数(小数点以下は切り捨て)を上限とし、上限回数を超えた場合には、1期日あたり3万円の出廷日当が追加で発生します。

報酬金

報酬金とは、事件が解決した際に弁護士が頂戴する成功報酬です

通常のケース

対象となる経済的利益の額 着手金
300万円以下 20%
300万円~3000万円 10%+30万円
3000万円~3億円 6%+150万円
3億円以上 4%+750万円

事務手数料

交渉 1万円
調停・審判 2万円(印紙代含まず)
訴訟 3万5千円(印紙代含まず)

弁護士費用について

クレジットカード決済可能

弁護士費用のクレジットカード決済が可能です。

弁護士費用のクレジットカード決済が可能です

利用可能カード:VISA、MasterCard、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバー、銀聯
※一括払いのみ(上限金額100万円)

費用に関する注意事項

  • 実費は別途かかります(実費とは裁判所へ納める印紙代、翻訳費用等をいいます。)。
  • 遠方の裁判所の場合、上記に加え出張日当を頂戴します。(半日:3万円、1日:5万円)
  • 上記が原則の費用体系となりますが、案件により異なる場合があります。
  • 案件ごとの費用につきましては、ご相談時に説明いたします。
  • 費用等の記載は全て別途消費税加算とし、費用が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。
閉じる
PAGE TOP