【重要】労働だけの特殊なお知らせを掲載します。本番前に非表示対応

よくある質問

能力不足により解雇されてしまいました。解雇は不当ではないでしょうか。

依頼者

ここ数ヶ月、営業成績が、営業部中一番下の状態であったのですが、就業規則中の「業務能力が著しく劣り、または勤務成績が著しく不良のとき」に該当するという理由で、解雇されてしまいました。能力不足での解雇は不当ではないのでしょうか?

弁護士

能力不足による解雇であっても、不当解雇に該当する可能性があります。
このような解雇の場合、就業規則にいう「労働能力が著しく不良」に該当するかどうかが問題となります。

ただし、労働能力の不足を理由とする解雇が有効とされるのは、不良の程度が著しい場合に限定されます。

ここ数ヶ月営業成績が一番下という状態であったそうですが、このような相対評価の場合、相対評価が低い者は常に存在しますので、単に相対評価が低いというだけでは解雇事由には該当しません。

また、営業成績が不良でなかなか改善されない場合でも、いきなり解雇するのではなく、会社側の教育や、本人の能力に見合った部署に配置転換するなど、会社側には解雇を回避するための措置を尽くすことが必要とされます。

不当解雇でお悩みの方は、お早めに弁護士にご相談ください。

会社が解雇できるケースについて、詳しくはこちらで解説しています。合わせてご覧ください。

【関連記事】
会社はどんな時に解雇できるのか? 解雇理由や条件について

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。残業代請求・不当解雇などの労働問題に限らず、離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214