【重要】労働だけの特殊なお知らせを掲載します。本番前に非表示対応

よくある質問

労働基準監督署に通報したら、何をしてくれますか?会社にバレてしまいますか?

依頼者

会社から不当な扱いを受けています。労働基準監督署に通報したいのですが、どんなことをしてくれるのでしょうか?会社にばれないか心配です。匿名での通報でも対応をしてくれるのでしょうか。

弁護士

労働基準監督署に勤務先の労働基準法違反の行為を通報すると、労働基準監督署が企業に指導勧告を行ったり、立ち入り調査を行ったりする可能性があります。悪質なケースでは経営者らが刑事的に立件されることもあります。

匿名でも労働基準監督署に相談することは可能です。
たとえば、労働基準監督署では電話やメールでの相談も受け付けているので、こうした方法であれば匿名でも通報できます。ただメールや電話相談の場合、詳しく説明したり資料提出したりしにくいので、労働基準監督署としても事情を把握しにくく具体的な対応を開始してもらいにくいと言わざるを得ません。

実際に対応してもらいたいのであれば、たとえ匿名性がなくなっても実際に労働基準監督署に足を運んで面談で相談する方が良いでしょう。
ただし、その場合には会社に知られる可能性があります。

個人的な労働問題(残業代請求・不当解雇など)を解決したい場合には、弁護士にご相談をいただくことをお勧めいたします。

労働基準監督署について、詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

【関連コラム】
労働基準監督署とはどんな機関?できることや他の機関との違いを弁護士が解説

■ベリーベスト法律事務所の電話受付時間
※労働基準監督署ではございません。
※弁護士へのお問い合わせ先です。ご注意ください。

<電話でのお問い合わせ>
平日 9:30~21:00 / 土日祝 9:30~18:00

<メールでのお問い合わせ>
24時間受付中

また、弁護士と面談してのご相談に関しては、できる限りお客様のご都合に合わせて対応しております。
夜遅い時間でないと相談できないという方も、まずはお問い合わせください。

追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。残業代請求・不当解雇などの労働問題に限らず、離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・214