不当解雇でハローワークに行きました。自己都合退職になるのでしょうか?

Question

Q_person

納得がいかない理由で解雇されました。ハローワークに行き、失業保険を受けようとしたら、会社からもらった離職票には「自己都合」と書かれています。ですが、実際には会社側の都合で辞めされられています。このような場合、どうしたらいいのでしょうか?

Answer

A_person

不当解雇されたにもかかわらず会社が離職票に「自己都合退職」と書いてハローワークに提出してしまうケースがあります。
すると、失業保険の受給開始時期が大幅に遅れますし、受給金額も低くなります。

解雇の場合、自己都合退職ではなく会社都合退職となるはずです。
そこで離職票に「自己都合退職」と書かれた場合には、ハローワークに異議申し立てをすることが可能です。
異議申し立てをする際には、「異議申立書」を作成してハローワークに持参し、離職票とともに提出します。

異議申立書には、会社から不当に解雇されたことや、現在係争中であることなどを記載し、日付を入れて署名押印をして提出します。審査によって退職理由が訂正されれば会社都合退職扱いにしてもらうことが可能です。

ハローワークに相談しても解決が見込めない場合や、不当解雇問題でお悩みの方は、お早めに弁護士にご相談ください。

失業保険を受けるときの、会社都合退職と自己都合退職の違いについて、以下のコラムで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

【関連コラム】
失業保険は解雇でも受給できるの? 受給条件や手続きを弁護士が詳しく解説

労働問題に関するご相談

労働問題のお問い合わせ・相談のご予約はこちら。
ぜひお気軽にご相談へお越しください。
弁護士

閉じる
PAGE TOP