【重要】労働だけの特殊なお知らせを掲載します。本番前に非表示対応

残業代請求の解決事例

2021年11月09日
LINEを使った業務連絡のログを証拠に、残業代を請求!約4か月という比較的短期間で、500万円の残業代を得た

  • 男性/50代
    • 残業代
    • 長時間労働
    • 建設業
    • 交渉
    50代/男性/建設業(工場の管理)
    解決結果

    交渉により400万円の残業代を獲得

ご相談に至った経緯

Aさんは、会社の工場の管理を行う仕事をしていました。
仕事上、時間外労働や休日労働がたくさんありましたが、会社はAさんに残業代を支払ったことはありませんでした。

Aさんは、長時間労働が常態化していたため、体調を崩してしまい休職していましたが、最終的に退職することになりました。
Aさんは、退職を機に、会社に残業代を請求できるのではないかと考え、ご相談に来られました。

ご相談内容

会社では、タイムカード等で従業員の労働時間管理をしていなかったため、正確な出退勤時間がわかりませんでした。

しかし、担当弁護士がAさんからさらにお話を聞いたところ、業務連絡手段としてLINEを使っており、毎日業務終了時に社長に報告を行っていることがわかったため、その報告を行った時間を退勤時間として計算すれば残業代を請求できる可能性があるとの見通しを伝えました。

Aさんは、会社の長時間労働が原因で体調を崩してしまった上、残業代も支払われていない状況に納得することができず、残業代請求の交渉を担当弁護士に依頼することになりました。

ベリーベストの対応とその結果

まず、担当弁護士は、会社に対して、Aさんの残業代の支払いを請求するという内容の通知書を内容証明郵便で郵送しました。

また、AさんからいただいたLINEのデータに基づいて、業務終了報告時間を退勤時間とし、所定の始業時間を出勤時間として、残業時間を計算の上で、残業代を算定しました。LINEのデータが存在しない期間もありましたが、その期間については、他の期間の平均値をとって推定計算しました。

会社側も弁護士を立て、弁護士間の交渉となりました。当初から、会社側は、Aさんの残業代の存在自体はある程度認めたものの、出退勤時間や休憩時間などを争ってきました。

担当弁護士は、Aさんに裁判手続に移行した場合のメリット・デメリット等を説明した上で、Aさんの希望もお聞きしました。
そして、会社と解決金額について交渉し、会社がAさんに400万円を支払うことで合意を成立させました。

交渉開始から合意成立までかかった期間は4か月ほどでした。

解決事例一覧へ戻る
追加費用0円で家族も補償対象に 月額2,950円で弁護士費用を補償

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながら、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった場合の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。残業代請求・不当解雇などの労働問題に限らず、離婚、相続、自転車事故、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認ください。)

ご自身、そして家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・214