法人のお客様 Corporate

税務訴訟(審査請求・税務調査・訴訟対応)とは What is Tax Litigation?

税務訴訟および租税争訟とは

税務訴訟とは、税務署などからの課税処分に対する訴訟のことをいいます。

納税者がいったん申告した法人税や所得税について、税務署などの課税当局は税務調査を行います。
その結果、申告と異なる納税者への課税処分がなされ、この課税処分に不服がある場合、法令に基づき、所定の手続に従って不服を申し立てることが可能であり、場合によっては、訴訟を提起することになります。

このような税金に関する不服申立てと訴訟を総称して「租税争訟」といいます。
租税争訟には、申立先や申立ての期間の制限など、決まったルールがありますので、早い段階で、税務訴訟などに詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

また、課税当局が行う税金に関する行政処分(租税行政処分)は課税処分に限られるわけではありませんが、当サイトでは主に法人税や所得税等の税額についての行政処分を対象として説明いたします。

近年の税務訴訟判決の傾向

複雑化しているといわれる最近の税務訴訟ですが、裁判例の中には納税者が勝つために注目すべき内容のものも出て来ております。
この点について、実際の裁判例を元に解説いたします。

0120-666-694
メールでのお問い合わせ
TOPへ