弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士小野寺 宏行 Hiroyuki Onodera

弁護士 小野寺 宏行
  • 弁護士会 仙台弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 岩手県立一関第一高等学校 卒業
  • 同志社大学法学部法律学科 卒業
  • 東北大学法科大学院 修了
  • 司法試験 合格
  • 最高裁判所司法研修所(仙台地方裁判所配属) 修了
  • ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般民事
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 刑事弁護・少年事件
  • 債務整理・過払い金請求
  • B型肝炎訴訟
  • アスベスト訴訟
  • 遺産相続
  • 成年後見
  • 労働問題
  • 労働災害
  • 債権回収
  • 削除請求
  • 一般企業法務

メッセージ

はじめまして。
弁護士の小野寺宏行と申します。

私は、市井に在って、社会生活上の困難を解決するお手伝いをしたいと考え、弁護士を志しました。

「弁護士」と聞いた時、裁判所で訴訟をする姿が思い浮かぶのではないでしょうか。
そのため、弁護士に相談をするのは訴訟をすると決めてから、と思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。
私たち弁護士は、訴訟事件の担当に止まらず、裁判外での交渉によって解決を図ることや、問題の発生や拡大を事前に予防すること、解決後のアフターケアなど、様々な場面・段階で皆様をお手伝いすることができます。
生活をする上で、「何かおかしいな」と感じたとき、「どうしたらよいだろう」と感じたとき、まずは私たちへの相談を考えてみてください。
そのような困難や不安に直面したときに、気軽に相談し解決のために尽力できる存在であることが、最も身近な法曹である弁護士の役割であると考えております。

どのようなご相談であっても、何が問題の核心なのか、どういった方向で解決することが望ましいのかを真摯に考え、ご相談者様に寄り添った粘り強い活動をして参ります。

ぜひお気軽にご相談ください。

仕事をする上で心がけていること

  • 結果はもちろんのこと、過程や解決後も重視した活動を心掛けています。
    そのために、ご相談者様のお話を丁寧にお聞きして周辺事情も含めた問題の実態を正しく見極めること、解決のための方策を十分に説明して納得いただくこと、情報を共有することで一緒に案件に取り組むことを重視しております。
TOPへ