弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

グループ経営顧問大森 昌弘 Masahiro Omori

経歴

  • 1985年 03月 明治大学商学部産業経営学科 卒業
  • 1985年 04月 株式会社常陽銀行 入行
  • 2015年 06月 株式会社常陽銀行 執行役員就任
  • 2016年 03月 東亜大学大学院総合学術研究科 修了(法学修士)
  • 2017年 06月 株式会社常陽銀行 常務執行役員就任
  • 2021年 03月 株式会社常陽銀行 常務執行役員退任
  • 2021年 04月 税理士法人ベリーベスト・社会保険労務士法人ベリーベスト 入所
  • 2021年 04月 ベリーベスト法律事務所 グループ経営顧問就任

ご挨拶

36年間に及ぶ銀行員生活に終止符を打ち、2021年4月からベリーベスト法律事務所を中核とするベリーベストグループの経営顧問に就任いたしました。
併せて、税理士法人ベリーベスト、社会保険労務士法人ベリーベストにおいて、税理士業務、社会保険労務士業務、特定社会保険労務士業務を担当させていただきます。
グループ経営顧問として、ベリーベストグループに属する法人の経営に関する助言を行うとともに、皆様にベリーベストとお付き合いいただくメリットをご認識いただくための広報活動、営業活動にも注力してまいります。
クライアントのお客様に対しては、銀行での経験や税理士、社会保険労務士(特定社会保険労務士)としての知識を活かし、弁護士とも連携しながら、企業の持続的な発展や、安心できる暮らしのお手伝いを精一杯させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

仕事をする上で心がけていること

  • 私ども士業の仕事は、お客様が気づいておられない潜在化しているニーズを顕在化させていただき、解決や達成に向けてともに歩んで行くことだと思います。
    お客様の真のニーズを理解したうえで、お客様のお役に立つご提案をさせていただくことを心がけております。

職務信条

  • 「ひらめき、見極め、粘り。そしてスピード感。」
    具体的にいえば、①いくつかの仮説を立て、何がお客様のためになるかをひらめくこと、②ひらめいたことが実現可能かどうかを調査検討して、実現可能性を見極めること、③見極めがついたら、粘り強く達成に向けて努力すること、④そして、この一連の流れをスピード感を持って行うこと、ということになります。

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • 東亜大学租税法研究フォーラム 監事

外部講師

  • 東北福祉大学非常勤講師(1999年~2000年)

資格

  • 税理士(2021年登録)、社会保険労務士(2020年登録)、特定社会保険労務士(2021年登録)、宅地建物取引士(資格のみで未登録)

著書・論文

  • 贈与税の連帯納付義務に関する一考察
    出版日: 2016年10月

講演・セミナー

  • 金融財政事情研究会(フュデュ―シャリーデューティー=受託者責任)、筑波技術大学(人事考課制度)、筑波大学(キャリアプラン)、立教大学(同)、日本大学(同)、聖徳大学(同)、川村学園女子大学(同)、流通経済大学(同)、茨城キリスト教大学(同)、茨城女子短期大学(同)、茨城県(同)、山梨県労働局(公正採用)、日立南ロータリークラブ(会計学と職業倫理)など

趣味

  • 旅行
TOPへ