弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士安達 里美 Satomi Adachi

弁護士 安達 里美
  • 弁護士会 大阪弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 1993年 03月 北海道立札幌西高等学校 卒業
  • 1997年 03月 立命館大学法学部法学科 卒業
  • 2000年 11月 司法試験合格
  • 2002年 10月 最高裁判所司法研修所(札幌地方裁判所配属) 修了
  • 2002年 10月 足立総合法律事務所 入所
  • 2005年 06月 田中法律事務所 入所
  • 2011年 06月 ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般民事
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 刑事弁護・少年事件
  • 債務整理・過払い金請求
  • 遺産相続
  • 成年後見
  • 労働問題
  • 労働災害
  • 債権回収
  • 一般企業法務
  • 建物明渡訴訟

特に注力している分野

  • 離婚問題(内縁含む)、不貞慰謝料請求などの男女問題、家族の問題、未払残業代請求や解雇無効請求などの労働問題、痴漢や盗撮などの性犯罪を中心とした刑事事件、交通事故事件など、日常生活で起こりうるトラブルを中心にご相談をお受けし、問題解決に向けて力を注いでいます。

業務実績

離婚・男女分野

1)財産分与として2000万円以上を獲得
2)有責配偶者からの離婚請求で離婚を実現

労働分野

1)解雇と未払残業代請求解決金として1000万円を獲得
2)未払残業代事件の解決金として400万円を獲得
3)解雇事件で復職の和解

刑事事件

1)不起訴、罰金刑、執行猶予獲得多数
2)被害者側代理人として200万円の被害弁償獲得

交通事故

1)後遺障害認定の獲得
2)債務不存在確認訴訟で債務の不存在が認められる

ご挨拶

皆さま、はじまして。
弁護士の安達里美と申します。
私は、弁護士になった当初から、多くの離婚問題を含む男女、家族の問題を扱ってきました。女性側のご依頼はもちろん、男性からのご依頼も数多くいただいております。私自身、子を持つ母親であると同時に母子家庭で育った子どもでもありますので、親の離婚に直面した子の心情についてもアドバイスさせていただきつつ、一緒に解決に向けて協働するスタイルで進めております。
また、ここ10年は解雇や残業代請求などの労働問題に多く取り組んでまいり、たくさんの裁判を経験しました。刑事事件については、若手のときには月に数件の国選事件を担当することもあり、その後もコンスタントに経験を積んでおります。交通事故事件については、若手のころは保険会社側代理人(加害者側が多い)として活動しておりましたので、現在、被害者側を数多く担当させていただく中で、そのときに経験を活かしつつ業務にあたっております。
そのほかに、離婚、労働、刑事などにカテゴライズできないような問題についても、解決に向けてご依頼者様と共に知恵を絞っていくという作業にやりがいを感じており、今後も注力していきたいと考えております。

仕事をする上で心がけていること

  • 依頼者のお話をしっかり聞くこと、適切かつ迅速に事務処理を行うこと、依頼者への報・連・相をしっかり行うこと。拙速はいけないが迅速な処理と心がけ、事件は一つとして同じものはないのでそれぞれの事件はオンリーワンとして真摯に臨んでいます。

職務信条

  • 依頼者と二人三脚

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • 労働局であっせん委員を経験
  • 地方自治体の条例制定の検討委員会の委員を経験

外部講師

  • 市役所、高校より依頼された講座(法律の基礎、相続の基礎)の講師
TOPへ