弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士古山 智隆 Tomotaka Furuyama

弁護士 古山 智隆
  • 弁護士会 広島弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 広島井口高等学校 卒業
  • 島根大学総合理工学部 卒業
  • 島根大学法科大学院 修了
  • 司法試験 合格
  • 最高裁判所司法研修所(松江地方裁判所配属) 修了
  • ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般民事
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 刑事弁護・少年事件
  • 債務整理・過払い金請求
  • B型肝炎訴訟
  • アスベスト訴訟
  • 遺産相続
  • 成年後見
  • 労働問題
  • 労働災害
  • 債権回収
  • 医療事故
  • 学校問題
  • 削除請求
  • 消費者被害
  • 基地騒音訴訟
  • 一般企業法務
  • M&A
  • IPO法務
  • 契約法務
  • 企業間訴訟
  • 事業再生・倒産
  • ファイナンス
  • 独占禁止法
  • 人事・労務
  • 危機管理・不祥事対応
  • IT法務
  • 不動産
  • 建物明渡訴訟
  • 事業承継・民事信託
  • 知的財産
  • 税務訴訟
  • 行政事件

特に注力している分野

  • 不貞慰謝料請求や離婚請求などの男女問題,未払い残業代請求や解雇無効請求などの労働問題,後遺障害の申請や保険会社との交渉などの交通事故問題といった身近なトラブルを中心にご相談を受け付けています。また,捜査弁護や公判弁護などの刑事事件にも力を入れています。

メッセージ

初めまして、弁護士の古山です。
日常生活において弁護士にかかわることはそんなに多くないと思います。そのため、突然トラブルに巻きこまれたときには、弁護士に相談しようと思っても、「このトラブルは法律問題なのか」「弁護士はどのように選べばいいのか」「結局弁護士を付けると損するのではないか」などといった不安が出てくると思います。トラブルに巻き込まれ大変な思いをしているのに、このような不安を抱いていれば、余計に大変に感じると思います。そういうときこそ弁護士に一度相談してみてください。そのような不安は、一人で考えても解決できませんが、弁護士に相談すれば、すぐ解決できるものです。
私が弁護士を志した理由の一つに、弁護士に相談をすることのハードルを低くしたいとの思いがありました。そのため、私の目標は親しみやすい弁護士になることです。
突然トラブルに巻き込まれたとき、親しみやすい弁護士であれば、とりあえず相談してみようと思っていただけるのではないかと思います。

仕事をする上で心がけていること

  • まずは、トラブルを把握しなければならないので、しっかりとお客様の話を聞きます。そのうえでお客様と同じ目線に立ち、問題解決のため一緒に考えます。
    法的な意見を述べるときは、法律を勉強したことがない方でも理解できるよう、できるだけ専門用語を多用しないようわかりやすい言葉を選びます。
    これをみてとりあえず相談してみようかなと思っていただければ幸いです。

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • 日本知的財産センタープロジェクトチーム
  • 民亊・家事委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 法教育委員会
TOPへ