弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士米澤 弘文 Hirofumi Yonezawa

弁護士 米澤 弘文
  • 弁護士会 東京弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 2007年 03月 神奈川県立外語短期大学附属高等学校 卒業
  • 2012年 03月 一橋大学法学部 卒業
  • 2014年 03月 東京大学法科大学院 修了
  • 2014年 09月 新司法試験 合格
  • 2015年 11月 最高裁判所司法修習(京都地方裁判所配属)修了
  • 2016年 01月 ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般民事
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 刑事弁護・少年事件
  • 債務整理・過払い金請求
  • B型肝炎訴訟
  • 遺産相続
  • 成年後見
  • 労働問題
  • 債権回収
  • 一般企業法務
  • 企業間訴訟
  • 不動産
  • 建物明渡訴訟

特に注力している分野

  • 刑事事件・少年事件などの刑事弁護、親権問題を含む離婚問題など、日常生活で起こりうるトラブルを中心にご相談をお受けしています。特に、障害を持たれている方の刑事事件、少年事件の刑事弁護については、長年にわたり携わっています。
    法人のお客様につきましては、特に紛争事案の問題解決に力を注いでいます。

業務実績

刑事事件・少年事件などの刑事弁護分野

裁判員裁判対象事件での無罪判決獲得、裁判員裁判対象事件での複数の不起訴処分獲得

離婚・男女問題分野

父親側で複数回にわたり親権獲得(離婚、親権変更含む)

相続分野

第一審敗訴事案について控訴審で逆転勝訴判決(最高裁判所で確定)

ご挨拶

お客様の日常生活や事業の遂行上生じた悩みは、弁護士に相談すれば解決する問題かもしれません。
悩んでいたことが実は大きな問題でないこともあります。
法的な問題の解決を弁護士に任せることで、お客様の負担を軽くすることができます。

それによって生じた時間などは、是非とも、日々の生活を幸せに過ごす方向、事業の利益を最大化する方向にお使いください。
お客様の生活や事業がよりよい方向に進むよう、お手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

仕事をする上で心がけていること

  • お客様の望んでいること、お客様がおかれている状況をよく理解し、法的な問題点等を丁寧に説明しながら、お客様の意向や状況等に応じて最善の解決を追求していくことを心がけています。
    お客様のおかれている状況は千差万別です。一人一人のお客様の意向や状況等を十分に理解した上で、解決方法を検討します。
    お客様のご希望を最もよいかたちで解決する方法を模索し続け、お客様にご納得いただきながら問題解決に結び付けてまいります。

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • 東京弁護士会 刑事弁護委員会
  • 東京弁護士会 刑事弁護委員会 司法福祉部会(令和3年度 副部会長、令和4年度から部会長(現職))
  • 東京三弁護士会 障害者等刑事問題検討協議会

弁護士会活動

  • 東京弁護士会 生活保護相談 相談担当者
  • 東京弁護士会 子どもの人権110番 相談担当者

著書・論文

TOPへ