新人弁護士の声

No.008
アソシエイト弁護士 / 73期
弁護士 大城 拓摩
Q1 入所の理由について

私の理想とする弁護士像は、世間でいう街弁で、どんな分野でも取り扱うことができる地域密着型の弁護士です。ロースクール生や修習生の時には、地元である静岡県浜松市で個人事務所を開設することを目標としていました。

ベリーベスト法律事務所は、全国最大級の総合法律事務所で、案件の種類や数が豊富だと聞いていたので、この事務所なら目標に向かって大きく成長できるのではないかと思い事務所説明会に参加しました

私は、正直なところ、事務所説明会に応募した時点では入所までは考えていませんでした。しかし、事務所説明会で、さまざまな分野の案件を個人事務所よりも多く経験できること、萩原代表から浜松オフィスを開設予定であることをお聞きして、ベリーベスト法律事務所であれば私の理想とする弁護士像に近づくことができると確信して入所を決断しました。

Q2 実際に扱った事件について

ベリーベスト法律事務所は、総合法律事務所であり、一般民事、離婚、労働、刑事、交通事故、労災、債務整理、相続などさまざまな分野の案件に携わることができます。

私が1年目に担当した案件の中では、裁判員裁判対象事件が特に印象に残っています。

1年目から裁判員裁判対象事件を担当することに不安はありましたが、裁判員裁判対象事件の経験がある先輩弁護士と共同受任して、刑事事件チームやエリアマネージャーの先生方の強力なバックアップを得られたことで、安心して案件を進めることができました。

この案件は、被告人が外国人の案件でしたが、国際業務チームの協力により弁号証の翻訳もスムーズにできて、ベリーベスト法律事務所の総合力の高さを実感しました

このような事務所全体のサポートのおかげで、最終的には、被告人の希望通り執行猶予判決を獲得できました。

Q3 新人弁護士としての職場環境・研修体制

私は、1年目から、一般民事、離婚、労働、刑事、交通事故、労災、債務整理、相続などさまざまな分野の案件に携わることができました。案件数は、時期によって増減はありますが、おおよそ50件程度を担当しています。

浜松オフィスは、現在、弁護士3名・パラリーガル3名の体制ですが、弁護士とパラリーガルの仲も良く、普段は真面目に、ときどき笑いながら、オフィス全体で協力して仕事をしています。

案件の進め方に悩んだ場合には、他のオフィスの先生やエリアマネージャーの先生に電話やメールで相談することもできます。経験豊富な先生方から気軽に指導を受けられる環境が整っているのはベリーベスト法律事務所の強みだと思います

また、定期的に開かれる勉強会やメーリングリストを使った最新判例の共有によって、常に最新の知識にブラッシュアップすることができます。

Q4 ワークライフバランスについて

ベリーベスト法律事務所は、働き方が自由で、長時間勤務を強制されることはありません。数か月に1回程度の電話当番日や土曜営業日以外は休日出勤もありません。

私は、心身ともに強い方ではないので、ワークライフバランスをとても重視していて、できる限り定時で、遅い日でも20時頃までに仕事を終えるようにしています。仕事が立て込んでいる時を除いて休日出勤はせず、リフレッシュ休暇や夏季休暇(それぞれ年間5日間)も全て取得しています。

私は司法修習委員会に所属していますが、コアタイム内での委員会活動も自由なので、日中に行われる修習行事にも気兼ねなく参加することができました。

私のように休みを確保しながら勤務する先生もいれば、長時間バリバリ勤務して報酬を増やしている先生もいます。どちらの働き方も尊重されるところがベリーベスト法律事務所の良いところだと思います。

PAGE TOP