中国人弁護士(律師)コラム

中国民事訴訟100問答(その13)

Q13:人民法院の事件審理は合議制を採用するのでしょうか。

A13:「民訴法」第10条及び第3章(裁判組織)によると、人民法院の事件審理は原則として合議廷により実行します。

移送管轄

  • 合議制
  • 人民法院が第一審の民事事件を審理する場合、裁判官と陪審員の共同、または裁判官のみにより合議廷を構成します。合議廷の構成員数は、奇数でなけれ ばなりません。
  • 人民法院が第二審の民事事件を審理する場合、裁判官のみにより合議廷を構成します。
  • 合議廷の構成員数は、奇数でなければなりません。
  • 差し戻された事件については、原審の人民法院が第一審の手続に従い、原審と別の合議廷を構成しなければなりません。
  • 第一審の再審の場合、第一審の手続に従い、別の合議廷を構成しなければなりません。第二審の再審及び上級人民法院再審(中国語は「提審」)の場合、第二審の手続に従い、別の合議廷を構成しなければなりません。
  • 合議廷の審理は原則として公開で実行しますが、合議廷の評議は非公開で実行し、評議記録を作成し、合議廷の構成員が署名しなければなりません。
  • 合議廷が事件を評議する場合、少数が多数に従う原則により実行し、裁判官、陪審員は同等の権利及び義務を有します。

ちなみに、合議廷の審判長は、当該人民法院の院長または当該法廷の廷長が1名の裁判官を指名して担当させ、合議廷の審理を主宰します。当該人民法院の院長または当該法廷の廷長が合議廷の構成員になる場合、院長または廷長が合議廷の審判長を担当します。

注意点

「民訴法」上の簡易手続による審理が適用される民事事件については、裁判官1名で単独審理を実行することができます。