中国進出のメリット

世界最大の人口を誇り経済成長が著しい中国は、現在「世界の工場」だけではなく「世界の市場」と変貌しつつあります。 今、この中国消費マーケットという巨大な市場に参入することは以下のメリットがあると考えられています。

point1

近年の経済高度成長と中国政府の内需拡大政策の牽引によって、消費の動向は金融危機前と変わらない水準で堅調に推移しており、国内市場が伸び悩む日本企業にとって地理的にも近く、開拓余地が大きい中国市場はこれまで以上に魅力的と言えます。

中国イメージ1 中国イメージ2

point1

日本企業の中国進出は長年の歴史を有しており、中国現地において事業を展開するに伴い、日本企業のみならずその事業をバックアップする法律事務所も、多くのノウハウを蓄積してきました。中国の貿易・投資の実態、経済政策、企業を取り巻く制度、日中の経済関係等に関する豊富な知識は貴社の中国市場開拓の一役となります。

point1

2010年の中国の大学と台湾の大学の共同調査によると、社会保障制度と住民所得分配の改善が図られたため、全国都市購買力は、毎年増え続けていると言われています。例えば、2012年の全国都市購買力は、2011年に比べ16.3%増でした。

また、日本貿易振興機構(ジェトロ)の最新の統計によると、日中両国関係の悪化や、中国経済減速などマイナス影響を受けたにも関わらず、中国は依然として日本企業の最大の海外投資先であり、ジェトロは今後5年間、中国は日本企業の最大の海外投資先としての地位を維持するとの予想を示しました。

point1

経済開発区とは、改革開放時の経済特区と類似するものであり、主に対外的に投資を誘致する目的で作られています。主に外商誘致がその目的であるため、中国ビジネス行うには、経済開発区はより有利な選択肢となります。

経済開発区といっても、誘致項目によってさまざまなものがあります。例えば、工業開発区、ハイテク産業を誘致する開発区等々があります。最近特に、中国において特にニーズの高い、環境技術分野、農業分野、介護・福祉分野等に関する開発区が盛んです。