民事再生の費用

民事再生に必要な費用

裁判所に支払う予納金

民事再生手続きを行うためには、裁判所に「予納金」を支払う必要があります。負債総額に応じた予納金を収められなければ、申立ては棄却されてしまいます。

原則として、手続開始決定までには全額支払わなければなりません。しかしながら、申立をする裁判所によっては分納も認められています。例えば、東京地裁では申立時に6割を納付し、残り4割を2分割という分納方法が運用として認められています。

弁護士に支払う費用

ベリーベスト法律事務所の場合は、着手金と報酬金をいただいております。

着手金:予納金と同額程度

報酬金:予納金の2倍程度を目安

但し、資金繰りの状況等によって、お支払いの方法については分割の相談は可能です。

ベリーベスト法律事務所の民事再生サービス

法人破産

■経営革新等支援機関に認定
「中小企業経営力強化支援法」に基づき、中小企業に対して専門性の高い支援を行う機関として、ベリーベスト法律事務所が支援機関に認定されました。
経営革新支援機関とは?
弊所認定書はこちら

民事再生の費用