ベリーベスト法律事務所の事業再生、民事再生・法人破産

苦境に立たされた会社はどうすればいい?

もしもあなたの会社が経済的苦境に立たされた場合、あなたは、自身の会社を再建するか、もしくは閉鎖をするかを判断しなければなりません。

自分の会社ですからつらいでしょうが、再建、閉鎖の順で考えてみましょう。

破産ではなく、再建という方法を選択した場合、債務を一部免除してもらうなどの手段によって、会社の事業を継続していくことができます。

このように、会社を閉鎖するのではなく再建に向けて進めていく法的手続のことを、「民事再生」といいます。

しかし、大きな負債を抱え、追い詰められた状態で事業を継続するよりも、借金から開放され新たなスタートを切った方が幸せな場合もあります。それが法人破産です。

ベリーベスト法律事務所の事業再生、民事再生・法人破産

 

民事再生や破産手続は、専門性が高い法的手続きです。弁護士でなければ対応することはできず、弁護士の中でもノウハウや経験を有していることが重要とされています。地方によっては地域の弁護士では対応できずに東京等の弁護士に依頼する例が散見されます。ベリーベスト法律事務所では、これらの手続に精通する弁護士・スタッフが所属しているので、手続を円滑・迅速に進めることができるのです。

さらに、全国各地に支店がありますので、東京での申立てはもちろん、地方での再生申立であっても迅速かつ出張費をなるべくかけずに対応できます。

また、申立後清算貸借対照表や財産評定書の作成等の作業のために、公認会計士や税理士へ依頼した方がよい場合がありますが、ベリーベスト法律事務所では提携している税理士がおりますので、その点でもご安心いただけます。

■経営革新等支援機関に認定
「中小企業経営力強化支援法」に基づき、中小企業に対して専門性の高い支援を行う機関として、ベリーベスト法律事務所が支援機関に認定されました。

経営革新支援機関とは?
弊所認定書はこちら

事業再生