Individuals / Corporate

よくある質問 FAQ

生命保険に相続税はかかりますか?
死亡保険金は、民法上の相続財産に含まれませんが、相続税法上は「みなし相続財産」として相続税がかかります。

ただ、死亡保険金には非課税枠があり、受取金額から次の非課税枠を引いた残額が課税対象になります。

死亡保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

ただし、この非課税枠が使えるのは相続人が保険金を受け取る場合で、相続人以外が受け取る場合は受け取った保険金の全額に対して相続税がかかります。

【例1】

相続人が妻、子供1人
受取保険金1,500万円(妻が受取人)

非課税枠:500万円×2人=1,000万円
相続税の課税対象になる保険金:1,500万円-1,000万円=500万円

自分でも相続税申告できますか?
ご自身でも申告は可能です。

ただし、相続税の申告は他の手続きに比べて複雑で時間も手間もかかります。特に相続財産に不動産がある場合は、少しの評価ミスで相続税を払いすぎる可能性があります。計算を間違えたり様々な特例を使わず申告をして相続税を払いすぎても税務署は教えてくれません。 また期限に間に合わなかった場合には一般的に延滞税と加算税がかかります。

税理士に任せた場合、適正な評価算出による節税、二次相続まで考えたプランニング及び税務リスクの極小化など様々なメリットや安心感を得ることが出来ます。

手続きが不安 / 節税したい…
そんなお悩み相談してみませんか?
ベリーベスト法律事務所
  • 元国税顧問税理士が在籍
  • 安心の明朗会計

ベリーベストグループの弁護士や司法書士とも連携しているので、トラブルが起きても安心です。

初回相談
無料
全国対応
54拠点
相続
専門チーム
  • 初回相談は60分が目安となります。
  • 事案によって初回より有料のご相談となる可能性がございます。
0120-277-015
初回相談60分無料
電話でお問い合わせ
平日9:30〜18:00
(土日祝を除く)
TOPへ
電話での
お問い合わせ
通話無料
0120-277-015
平日9:30〜18:00
(土日祝を除く)