menu

労働問題の解決方法

弁護士による解決方法

1.交渉による解決

交渉による解決

まずは、弁護士が会社と交渉をすることにより、事実や双方の言い分を確認した上で、問題解決を図ることを目指します。

交渉方法としては、内容証明郵便等の書面によりやりとりをすることが多いですが、直接または電話等により交渉をすることもあります。

依頼者に代わり弁護士が交渉を申し出ることにより、会社に対しては、法的にしっかりした対応をとらなければならないという心理的効果をもたらし、冷静に問題解決を図ることが可能となります。

また、交渉においては、依頼者と会社の意向を調整し、柔軟な解決を図ることが期待できます。

2.労働審判による解決

労働審判による解決

労働審判とは、裁判官である労働審判官1名と労働関係に関する専門的な知識を有する労働審判員2名で構成される労働審判委員会が、労働者と使用者との間の紛争につき、適宜調停を試み、調停がまとまらない場合は事案の実情に応じた労働審判をする手続きです。

原則として3回以内の期日で審理を終わらせるものとされているため、迅速な解決が期待できます。

交渉による解決が難しい場合、この労働審判を利用することにより、会社との間で話し合いをし、第三者である労働審判委員会の判断を求めることが可能となります。

なお、労働審判に対して会社から異議申立てがあった場合、通常の訴訟に移行します。

3.訴訟による解決

訴訟による解決

労働審判に対して会社から異議申立てがあった場合や、事実関係や争点が複雑であり労働審判による解決が見込まれない場合は、会社に対し訴訟を提起していくことになります。

労働問題解決サポートトップへ戻る

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階 (旧:アーク八木ヒルズ11階)
TEL : 0120-666-694

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ