menu

労働問題取扱分野

内部告発・公益通報

内部告発・公益通報

企業で仕事をしているときには、食品等の偽装、不当表示、個人情報の漏洩、法律上禁じられている危険物の使用、違法な廃棄物処理等の違法性の疑いのある行為を見たり、自らが関与させられたりすることがあります。

このような不正な行為につき内部告発をすることは、真実であることを信じるに足りる根拠があり、会社に対する加害目的がなく、告発の方法が相当であるといった一定の要件を満たす場合には、正当行為にあたるものとされています。

また、使用者は、このような正当な内部告発をした者に対し、解雇等の不利益処分をすることはできません。

内部告発は、企業のコンプライアンスを正す上でも重要な行為ですが、方法や目的いかんでは、逆に使用者側から名誉毀損を理由とする損害賠償請求や刑事告訴をされることもありますので慎重に行う必要があることには注意しましょう。

内部告発をしたことを理由に退職勧奨や解雇をされそうな場合は、「不当解雇・退職勧奨専門サイト」をご覧ください。

労働問題解決サポートトップへ戻る

各支店ご連絡先

弁護士法人ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル
TEL : 0120-666-694

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日祝日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-666-694
  • お問い合わせ