B型肝炎部 医療課

B型肝炎部 医療課 B型肝炎部 医療課
profile

2014年入所
現在、B型肝炎訴訟を扱う部署で働いています。業務内容は、集団予防接種によってB型肝炎に感染された方が給付金を国に対して請求していく際、検査や資料収集に対してのサポートをさせていただくというものです。

何物にも代えがたい私の大切な宝物。


B型肝炎部 医療課

仕事でやりがいを感じるときは、やはり、お客様から直接「ありがとう」という言葉をいただけるときです。

私が所属する部署では、ご相談を受けてから、お客様と頻繁にやり取りをさせていただくため、一般的な事務作業だけでなく、お客様と実際にやりとりをする機会が多くあります。

入所したばかりの頃は、知識と経験がないことを実感する毎日で、「本当に相談して大丈夫なのか」と不安な気持ちにさせていないだろうかと、一生懸命勉強しました。

1年経った今、徐々に担当のお客様から頼っていただけたり、お客さまからのアンケートなどを通して、「相談してよかった」などといったお言葉を頂きくことができるようになってきました。これからも一人でも多くのお客様に「ありがとう」と仰っていただけるよう、日々の業務に励みたいと思います。

ベリーベストは私にとって、日々成長できる環境。


B型肝炎部 医療課

皆さまはパラリーガルという仕事にどのようなイメージをお持ちですか。私は、法学部の出身ではないため、法律についての知識もほとんどなく、「パラリーガル」という職種に明確なイメージはありませんでした。

しかし、ベリーベスト法律事務所に入所後、裁判所に書類の提出をしに行ったり、さまざまな相談の電話を最初にお受けする機会があったり、B型肝炎訴訟専門の部署に所属することで、毎日が学びの連続で充実しています。世の中には様々な仕事があり、関心のあることも人それぞれだと思います。皆さまがこれから働いていくことになる会社のひとつの候補にベリーベスト法律事務所があがり、弊所に入所され、一緒に働くことのできる日々が来ますことを、心よりお待ちしております。