企業一般部 刑事課

企業一般部 刑事課企業一般部 刑事課
profile

2013年入所
現在、パラリーガルとして、刑事課と建明課に所属しています。主な業務は、電話対応、契約書や請求書の発行、訴訟等に必要な資料の収集、弁護士の指導・監督のもとでの書面の起案や証拠の整理等です。また、クライアントや裁判所とやり取りをしたり、執行等の立会をすることもあります。
担当する案件が増えてくると、様々な仕事を同時並行してやらなければならないので、優先順位をつけ、迅速かつ正確に処理することを心掛けています。

ベリーベストの成長できる環境が好き。


企業一般部 刑事課

「法律事務所で働くためには、法学部を卒業していないとついていけないかな…」と思う方もいると思います。私自身、文学部を卒業しているので、法律についての専門的知識がなく、不安もありました。

しかし、ベリーベスト法律事務所では、OJTの仕組みがあるので、先輩に教えていただきながら、新人のうちから多様な業務を経験することができます。

一般的な法律事務所とは違い、来所対応や電話対応に限らず、法律実務に携わることで、パラリーガルとしての専門性を身に付け成長することができる環境だと思います。また、総合法律事務所として様々な分野を取扱っているので、特定の分野に偏ることなく自分のスキルをレベルアップさせることができます。

事務員同士では、所属チームの垣根を超えて、仕事終わりに食事に行ったり、プライベートで出かけたりもします。
また、弁護士というと、気難しく話しかけづらい人が多いのかと思われるかもしれませんが、ベリーベスト法律事務所には若い先生が多く、皆さんとても気さくでフレンドリーです。

事務所全体として風通しがよくコミュニケーションを取りやすいので、入所してすぐになじめる環境だと思います。

目指すは最高のパラリーガル。


企業一般部 刑事課

想定外のケースや緊急の案件の対応を求められることも多いので、臨機応変に対応できるように日々の業務を通して多くのことを学び、吸収していきたいです。

また、今は刑事事件と建物明渡事件を主に担当していますが、これらの案件以外にも離婚・相続・労働・企業法務といった様々な案件に携わり、幅広い知識を身に付け、経験を積みたいと思っています。

そして、弁護士から任された仕事を迅速かつ正確にこなすだけではなく、弁護士の考えを先取りし、自ら提案することのできるような存在感のあるパラリーガルになることが目標です。