ベリーベスト法律事務所での地方勤務について

ベリーベスト法律事務所は、「日本全国津々浦々の皆様に、全分野にわたり高いクオリティのリーガルサービスの提供を行う」ことを使命として日々活動をしております。

そこで、これまでも積極的に地方のオフィス開設をすすめてまいりましたが、未だオフィスを設置していない地方のお客様から、日々オフィス開設の要望をいただいております。

そのため、今後も日本全国のお客様のため、積極的に地方のオフィス開設をすすめていく予定です。

そこで、地方のオフィス(ここで、「地方のオフィス」とは、東京近郊、大阪、名古屋、福岡などの大規模オフィスを除くものです)にて継続的に勤務をしていただける方については、優先的に採用を行っております。またそういった地方勤務を前提に採用をさせていただいた方については、その後の転勤等も原則としてありません。

また、現在ベリーベスト法律事務所においてオフィス開設を行っていない地域の方からの応募も歓迎をしております。仮に当事務所でオフィス開設を行っていない地域で継続勤務をしていただける場合、新たなオフィス開設を積極的に検討いたします。

なお、実務経験の不足などで、当初地方の勤務に不安がある場合、一定期間東京、名古屋、大阪などの大規模オフィスにて研修期間を設けることも可能です。

また、当事務所では、所属弁護士の配偶者が、裁判官、検察官といった転勤を伴う職種の方も多く在籍しております。そういった方については、パートナーの方の転勤に伴い、全国の当事務所のオフィスで継続して勤務を行うことが可能となっております。

まずは地方のオフィスでの勤務を希望される方を優先して地方勤務をしていただきますが、東京、大阪など大規模オフィスで採用をした方については、事務所からの要請により、地方での勤務をお願いする場合があります。

なお、事務所からの要請によって地方オフィスで勤務をしていただく場合、原則として2年の任期にて地方で勤務をしていただき(ただし、ご本人からの要請による任期の延長は可能)、また任期満了後は当初勤務のオフィスに戻って勤務を行っていただくことも可能ですし、新たに別のオフィスでの勤務も可能です。

また、転勤の際には、地方オフィス手当の支給や、引っ越し代の負担、また転勤のために新たに住居等を借りる場合、初期費用の負担、また新規登録弁護士会と現在の弁護士会との会費の差額負担などを行っており、転勤をしていただく際に経済的負担のないように配慮を行っております。

以上ベリーベストでの地方勤務について説明を行ってまいりましたが、ご応募いただく修習生、中途弁護士の方々には個別のご事情があるかと思います。ベリーベスト法律事務所は今後もご応募いただく皆様のご事情に最大限配慮をしながら、地方でのリーガルサービスの充実を図っていく所存ですので、ぜひご不明な点はお気軽にご連絡ください。皆様の積極的なご応募、お待ちしております。