外向きで挑戦的な風土が、良い意味で法律事務所らしくない

菱川 直人Naoto Hishikawa
企業一般部 係長
業務内容を教えてください
案件監理や部下の指導、時にはWEBチームと連携も

離婚チームでは、新件案件の予約を取ることや、裁判所に書類を提出するということが主な業務内容になります。

また、リーダーの業務として案件管理や部下の指導、WEBチームと連携し、WEB サイトの改善の実施や広告出稿に関する方針の策定を行ったり、売上や契約数など数値目標の管理をしたりしています。

ベリーベスト法律事務所を選んだ理由はなんですか?
学生時代、法学部だった経験を活かし、法律に携わる仕事へ

元々、法学部だったので法律に携わる仕事がしたいと考えていたからです。最初は、小さな法律事務所に入所したのですが、水が合わず、すぐに転職することになってしまいました。

その後、ベリーベストに入所することになったのですが、私が入所した時期がちょうど過払いバブルと重なったこともあり、同年代の若い人たちがどんどん入所する時期と重なり、非常になじみやすかったということを覚えています。

やりがいを感じる時はどんな時ですか?
それぞれ自分なりのスタンスを維持して仕事ができる

離婚問題の部署はパラリーガルが裏方の役割を担うケースが多く、パラリーガルが主体となって動くことは、他の分野に比べて少ないです。主に電話でのやりとりが中心になりますので、お客様と直接会うことも非常に少ないため、業務内容は、書面を作り、それを裁判所に提出し、ファイリングするということがメインになります。

個人的には、自分なりのスタンスを維持することができるので、とても仕事がしやすい環境であるとは思っています。

ベリーベスト法律事務所で働く魅力はなんですか?
法律の知識が日常生活の心の余裕につながる

世の中の仕組みを知ることができたので、世間に対する恐怖感が薄れていったように感じます。例えば、迷惑メールなどの小さなことひとつでも実態がわかれば、処理の仕方がわかるようになりますし、トラブルに対して慌てることが少なくなります。

おそらく法律の知識が心の余裕を維持することにつながっているのだと思っています。

就職活動中の方々にメッセージをお願いします。
新しいことにチャレンジしたい人大歓迎

ベリーベスト法律事務所は弁護士業界にしては、外向きで挑戦的な風土が強いので既存の価値観を変えたいと思っている方には良い活躍の場になるかもしれません。

他業種からの転身でも、今まで培った技能を弁護士業界で活かせることもあると思いますし、新規事業に対するアイディアなどは柔軟に聞き入れてくれる体制があるので何かを企画することが好きだという方や、新しいことにチャレンジしたいと考えている方がいたら是非応募していただければと思います。

ある一日のスケジュール

9:30
出社

メールチェック、本日の仕事の確認

10:00
担当案件の処理

申立は、定期的にあります。弁護士がギリギリまで書面を推敲するので裁判所外出の時間に間に合わせるべく、かなりドタバタします。

11:00
採用面接
12:30
ランチ
13:30
弁護士報酬等の精算チェック

チームメンバーから出された弁護士報酬を計算した書面をチェックします。

15:00
社内ミーティング

このときは、チームミーティングです。前月の振り返りや今後の改善点などメンバーと話し合います。

16:30
データ整理

受任件数など、今後の戦略を練るための基礎となる数字になります。

17:00
担当案件の処理の続き

弁護士は夜型が多いので、終業に近い時間に仕事の指示が来ることがよくあります。 また、期日を終え、その後の処理等指示されます。

18:30
帰宅

その他インタビュー

PAGE TOP