新人弁護士の声

No.001
アソシエイト弁護士 / 72期
弁護士 井上 瞳
Q1 入所の理由について

ロースクール生のときや修習生のとき、私の周りには、「企業法務がやりたい!」「刑事弁護人として活躍したい!」など、弁護士になったときにやりたいことを考えている人が多かったです。

しかし、私は、「自分が弁護士になってどんな事件をしたいか」、「自分に適正がある事件は何か」について、正直よくわからないと思っていました。そのため、「まずはいろんな分野の案件を経験して、自分がやりたいことや自分の適正を見つけたい。
そのために、事件数や案件の種類が多い事務所に入ろう。」と思っていました。

そんな中、ロースクール時代から仲良くしていたベリーベスト法律事務所の先輩弁護士に、「うちなら色んな案件ができるから、うちを受けてみたら?」と誘っていただき、ベリーベスト法律事務所の面接を受けてみることにしました。

面接の中で、実際に、ベリーベスト法律事務所ではあらゆる分野の事件を扱っていることを知り、「ここなら、私のやりたいことが見つかるかもしれない!」と思ったため、入所を決めました。

このコラムを読んでくださっている皆さんも、自分に合う事務所を見つけるときに、「事務所が求める人物像」に自分が合っているかどうかを考えている方は多いとは思いますが、「自分が求める事務所像」も考えてみると良いと思います。

Q2 新人弁護士としての職場環境・研修体制

ベリーベスト法律事務所では、私が面接で聞いたとおり、いろいろな分野の事件を経験できます。

私が所属している福岡オフィスでも、「どんな案件でも挑戦してみて良い」という環境で、生き生きと仕事ができています。実際、私は、1年目から、離婚事件、刑事事件、企業法務、労働事件、相続事件、交通事故など、広い分野の事件を担当しており、事件数も、先輩弁護士に負けないくらい担当しています。

また、先輩弁護士は、忙しい毎日を送っているにもかかわらず、私が事件についての相談をした際は、必ず手を止めて一緒に考えてくれます。パラリーガルの皆さんも気さくな方ばかりで、日常のちょっとした悩みについて話を聞いてくれたり、事務処理の方法で迷ったとき、親切に教えてくれます。

このように、私は周りの人に支えられながら、1年目から多くの経験を積むことができています!

Q3 実際に扱った事件について

私は、弁護士になって最初に担当した刑事事件で、被害者との示談交渉を行いました。交渉の相手は刑事事件の被害者であり、慎重に対応しなければならないため、被害者とファーストコンタクトをとるまで、とても緊張しました。また、示談をうまくまとめたいと思い、示談交渉のポイントが記載された本を読んで、示談交渉に臨みました。

実際に被害者とお話をしてみて、確かに、示談交渉の本に書いてあることは参考にはなりましたが、「被害者からこう言われたらこう返す」といった法則は全く無く、相手によって臨機応変に対応しなければならないことの難しさを痛感しました。

また、交渉に臨むまえからセリフを用意していても、実際に交渉の相手の話を聞いてみないと、相手のニーズがわからず、思ったように交渉が進まないことも学びました。

私は、初めて担当した刑事事件をとおして、「まずは話を聴く」ことの大切さを学びました。

Q4 事務所の仕事以外の活動の自由さ

ベリーベスト法律事務所は、個人事件は自由に行うことができるため、私も個人事件を行っています。

また、弁護士会の活動についても自由です。私も、弁護士会の委員会には多数所属しており、最近では、外部向け研修の講師やコラム作成を依頼されたり、勉強会での発表やイベントの運営を行うなど、弁護士会の活動も増えてきました。

さらに、休日は旅行(最近は行けていないですが、少し前はGoToトラベルを利用していました)に行ったり、ショッピングに行くなど、自由にリフレッシュする時間をとっています。

PAGE TOP