ベリーベストは、オフィスそれぞれのカラーがあり、魅力的で一緒に働きたい人たちばかり

熊本 健人

Kumamoto Takehito

アソシエイト弁護士 / 68期

#サブマネージャ- , #事業承継中心

熊本 健人

ベリーベストに入所した理由、また入所して良かったことを教えてください

オフィスそれぞれのカラーがあり、魅力的で一緒に働きたい人たちばかり

ベリーベストに入所した理由は、一緒に仕事したいと思える魅力ある人たちが沢山いると思ったからです。私は、ロースクールを卒業し司法試験受験後すぐに、ベリーベスト大阪オフィスでパラリーガルのアルバイトをしていました。

そこでは、幅広く法律事務の勉強をさせてもらい、今では貴重な経験を沢山しましたが、何よりも印象的だったのは大阪オフィスの弁護士や事務員の皆さんがとても楽しそうに仕事をしていたところです。

大阪オフィスの皆さんはとても個性的で面白く、一緒に仕事をしたいと思える魅力的な人たちで溢れていました。ですので、自分が弁護士になったらまた一緒に仕事をして恩返しできたら良いなと考えていました。これがベリーベストに入所を決めた理由です。

入所して良かったことは、魅力的な人が多く刺激的な環境であることです。入所後は、大阪オフィスにこそ配属にはなりませんでしたが、私がこれまで赴任してきた広島、岡山、東京の各オフィスのメンバーをはじめ、どこに行っても個性的で魅力のある人たちばかりです。

出張で地方のオフィスにお邪魔することも多々ありますが、どのオフィスに行ってもそれぞれのカラーがあり、魅力的で一緒に働きたい人たちばかりです。そんな環境に身を置き成長できる環境があることが入所して良かったことです。

入所後のベリーベストの印象を教えてください

自身の希望に応じて若いうちから様々な経験を積むことができる事務所

想像以上に案件の種類と数が多く、どんな分野の事件もできるという印象です。

ベリーベストはいわゆるカタカナ事務所として、過払い金やB型肝炎の案件ばかりという印象を抱かれがちですが、決してそうではありません。入所して3年半ほどが経ちますが、個人をお客様とする案件では、離婚、労働、刑事、交通事故、債務整理、建物明渡、相続、B型肝炎などの幅広い分野の案件を万遍なくやらせていただきました。

法人をお客様とする案件でも、事業承継、デュー・デリジェンス、建築訴訟、知的財産や法人顧問からの多岐に渡るご相談など幅広い分野の案件に携わらせてもらっています。

私は、入所後2年間は地方のオフィスに勤務していましたが、そこでは個人をお客様とする案件を幅広く経験しました。他方で、3年目から現在までは東京オフィスで勤務していますが、東京では自ら希望して法人をお客様とする企業法務分野を中心に業務を行っています。

このように自身の希望に応じて若いうちから様々な経験を積むことができる事務所であるというのが入所後のベリーベストに対する印象です。

現在の役割・業務内容を教えてください

事業承継チームのリーダーを補佐する役割を担いつつ、東京オフィスエリアのサブマネージャーも担当

地方から東京に赴任してからは、企業法務を中心にやっていきたい希望がありましたので、現在は事業承継案件を中心に業務を行っています。求められている役割は、事業承継チームのリーダーの補佐です。事業承継分野は、税理士や司法書士と効率よく円滑に連携しつつ業務を行う必要があります。そのため、弁護士チーム全体の意見を集約して他士業に共有したり、他士業向けに法務関係の勉強会を行なったり、チーム全体の業務効率化と質の向上を図るためにできることを検討したりと、事業承継チーム全体のレベルアップを行えるように日々奔走しています。

また、案件とは離れますが、東京オフィスエリアのサブマネージャーという役割も任されています。新人弁護士や中途入所の弁護士に事務所内部のことを知ってもらうために入所後にレクチャーを行ったり、東京配属の弁護士と定期的に面談を行って手持ち案件の種類や数を確認し、今後のキャリアプランを確認しつつ各弁護士間の案件の調整を行うなど、東京オフィスの各弁護士がより適した働き方ができるように細かな調整を色々とするのが私の役割です。東京オフィスだけでも80人ほどの弁護士が在籍していますので、こうした調整も非常に重要な業務の1つです。

また、私は地方のオフィス勤務での経験を活かすこともできますので、東京オフィスの弁護士に対し地方勤務の良さを伝え、不安のない形で地方オフィスへの異動をサポートする役割も担っています。

加えて、事務所全体をあげて行っているB型肝炎分野のサブマネージャーも務めており、新人弁護士の教育指導や業務効率改善を図るための方策の検討などの補佐も行っています。

担当案件の分野別の割合を教えてください

現在の手持ち案件に費やす時間を分野別に割合で示すと次のとおりです。

事業承継40%、B型肝炎30%、企業一般10%、離婚5%、交通事故5%、刑事3%、相続2%、労働1%

1日の仕事の流れを教えてください

コアタイムは①9:00~18:00、②9:30~18:30、③10:00~19:00の3つが選択できます。多くの弁護士は③ですが、私は朝方なので①にしています。

そうはいっても、夜遅くまで仕事をしなければならない日は沢山ありますし、朝早くから出張に行かなければならない日もあります。そんな日は自分でスケジュールをマネジメントしながら適宜時間を調整しています。弁護士は個人事業主ですので、この辺の時間管理は個々の自主性に委ねられています。

ベリーベスト法律事務所での新人弁護士研修制度を教えてください

新人の弁護士が学べる環境は沢山ある

入所後すぐに、主要な分野ごとに座学での研修があります。実務で必要な基礎知識についてはざっと学べますのでこれで全体像をまずは掴んでもらいます。その後は、模擬面談などを実施し実務での相談の流れや内容がどんなものなのかを身をもって体験してもらいます。だいたい掴めてきたら、いよいよ実務経験です。経験に勝るものはありませんので、とにかく早くから生の仕事に触れてもらいます。

まずは基本的に、上の期のチューター弁護士と同席の上相談に入ってもらいます。はじめのうちは、上の期の弁護士が主導で相談を進めますが、新人の弁護士には事前に何がポイントになりそうなのか確認したり、相談後にフィードバックを行っています。それを何回か行った後は、新人の弁護士に主導で相談を進めてもらい、案件を受任してもらうところまでやってもらいます。

上の期の弁護士から独り立ちOKが出たら一人で相談に入ってもらい、その後は基本的には一人で案件を進めてもらいます。

ですが、はじめは案件を処理するのにも分からないことだらけですので、ほとんどの新人弁護士は分からないことはチューターや周りの弁護士に確認しながら案件を進めます。上の期の弁護士もまた、新人が孤立しないように常に気を遣っています。 私は、東京オフィスエリアのサブマネージャーですので、東京オフィスの新人弁護士とは入所後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の時期に面談を実施して定期的に状況を確認し、要望や不安な点を確認するなどして新人弁護士が孤立しないようにしています。

ベリーベストには様々な得意分野を持った弁護士が全国に沢山います。どの弁護士も何を聞いても丁寧に教えてくれます。私は、1、2年目は弁護士の数が少ないオ地方フィスで勤務していましたので、全国の弁護士に電話やメールで様々な質問をし、実際に丁寧に質問に答えてもらっていました。その他、各チームで定期的に勉強会を行っていたり、各分野のメーリングリストがあったり、弁護士を含めた全士業が登録されているメーリングリストに質問を投稿することもできますので、新人の弁護士が学べる環境は沢山あります。

弁護士を目指している方や、ベリーベスト法律事務所への入所を検討されている方へメッセージをお願い致します

自身の能力を高め、自身を売り込み、社会全体のことを考えて仕事ができる

現代は本当に大変革期にあります。AIなどの台頭により、現在ある仕事の多くが将来無くなってしまうとも言われ、競争は今より激しくなっていくでしょう。そんな時代においては、弁護士として生きていくのもなかなか大変な時代だと思います。そんな競争社会を弁護士として生き抜くためには、私はポイントが3つあると思います。

1つめは、職人としての弁護士の力を高め続けることです。
これは要するに知識と経験を積み重ねていくことです。知識については、常に好奇心をもち、学び続けることが何よりも重要です。この点ベリーベストは、各分野で定期的に質の高い勉強会を実施しており学び続ける環境が整っています。
また、経験についてはとにかく量をこなすしかありません。ベリーベストには幅広い分野の案件が沢山あるため、入所後順調に経験を積むことができます。

2つめは、自分を売り込む力です。
今後競争がさらに激しくなっていく中で、他と差別化を図っていく必要があります。ベリーベストは、法律事務所の中ではいち早くマーケティングに力を入れてきた事務所であり、現在もそれは変わりません。ベリーベストに入所すると一人一人の弁護士が売上げを意識するようになり自分の売り込み方を考えるようになります。競争社会においては、この自分を売り込む力は極めて重要になります。

3つめは、社会全体の利益を考えることです。
社会全体にクオリティの高いリーガルサービスを提供し続けていくことは我々弁護士の使命だと思います。そして、それは社会全体の幸福度の向上につながると思います。ベリーベストは全国の主要都市にオフィスがあり、今後も次々とオフィスを増やしていく予定です。全国にオフィスをもち、どこにいても変わらないサービスを提供して、社会全体の幸福度を上げることができる、全国規模でこんなダイナミックなサービスを提供できるのはベリーベストにしかない魅力だと思います。

自身の能力を高め、自身を売り込み、社会全体のことを考えて仕事ができる。ベリーベストに入所するとこんな魅力があると思います。このメッセージを読んでいただいた中の一人でも多くの方と一緒に仕事ができると嬉しい限りです。

ある一日のスケジュール

6:30
起床
朝の1時間は自宅で勉強。 最も頭がフレッシュで誰にも邪魔されない朝の時間帯にインプットを行うことが多いです。
9:00
事務所へ
10:00
起案等
午前中に予定が無い場合には、書面作成等の起案を行うことが多いです。弁護士は夜に起案を行う人が多い印象ですが、私は朝の方が頭が働くため午前中に集中的に起案を行うことが多いです。
13:00
訴訟等の期日、来所相談、ミーティング、B型肝炎や刑事事件の電話相談の対応など。
毎日この辺の予定の何かが入ってくるという感じです。
18:00
メールチェックと返信。クライアントと電話などで打合せ。
この時間帯が比較的クライアントと連絡を取りやすい時間帯ですので、電話対応を行うのはこの時間帯が多いです。
20:00
プライベート、飲み会など
定期的にジムで体を動かしたり、事務所内部の運動系のサークル活動に参加したり、弁護士会や事務所内部の懇親会に出席するなどしています。

その他インタビュー