様々な活躍の場や可能性が与えられる点が他の事務所にはないVBの特色であり長所

浜上 慎也

Hamagami Shinya

アソシエイト弁護士 / 70期

#元書記官

浜上 慎也

ベリーベストに入所した理由、また入所して良かったことを教えてください

一人の独立した弁護士として通常の弁護士業務を全うできる

私は前職で全国的な組織である裁判所に所属しており、転職にあたっては似たような組織である方が馴染み易いと考えていました。また、前職で身に付けた組織人としてのスキルも弁護士として活かしたいと考えていましたので、元々、全国的な事務所に興味がありました。
さらに、全国的な事務所であれば、相手方や関係者が遠方にいたとしても現地のオフィスの弁護士と協同して対応することができ、依頼者の利益に適うとも思いました。加えて、全国の所属弁護士の経験を集約した膨大な情報量を得られますので、それを駆使して仕事ができる点も弁護士として有益だと考えました。

もっとも、組織的な事務所だと、一般的には、効率化のため弁護士業務が分業化され、各弁護士が弁護士業務の一部しか経験できないこともあり得ると思います。
しかし、VBではほとんどそのようなことがなく、一人の独立した弁護士として通常の弁護士業務を全うできるという点にも魅力を感じました。
また、私は地元の福岡で働くことを希望していましたが、東京を拠点とする全国的な事務所に所属していれば、東京の最新の情報が入ってきやすいというメリットもあると考えました。
最後に、全国的な事務所であれば、今後もし自分が他の地域で仕事がしたいような状況になった際、事務所を変えずに異動しやすいと考えたことも理由の一つです。
これらの入所理由は、実際に入所してみて概ねそのとおりでしたので、私は入所して良かったと思っています。

入所後のベリーベストの印象を教えてください

事務所内で若手の弁護士が勉強できる機会が非常に多い

全国的な事務所ではありますが、弁護士としてやっていること、やるべきことは一般的な事務所と変わらないと思います。ただし、取り扱う事件の種類が幅広く、数も多いので、若手の力は特に付きやすいように感じます。また、自分が仕事を頑張れば頑張るほど成果が客観的に分かるようになっていますので、公平感がありモチベーションを維持しやすいといえます。曖昧な基準や上司の好き嫌いで仕事ぶりを判断されることも、比較的少ないのではないかと思います。
さらに、事務所内で若手の弁護士が勉強できる機会が非常に多いです。事務所内で各分野の勉強会が頻繁に開催されていますし、各弁護士が経験した参考になる事例を全弁護士が共有することのできるシステムも整っています。ベテランの元裁判官や元検事、元大手渉外事務所パートナー弁護士の先生方もおり、難しい事件を担当することになった場合は質問したり協力を仰いだりすることもできます。
このように、VBは組織の力を効果的に活用できている事務所だと思います。

ベリーベストに入所する前はどのような仕事をされていましたか

裁判所で書記官の仕事をしていました。そのときの経験が弁護士業務に役立っていることは言うまでもありません。私は、弁護士にとって前職が何の仕事でも貴重な経験や財産になると考えますが、公務員と民間、また補助的な業務と主導的な業務の両方を経験できたことは、弁護士の仕事をする上で非常に大きな財産になっていると感じます。様々な立場の方々の思いに配慮してバランスの取れた仕事をすることが、依頼者の利益になり、ひいては社会のためになると信じて日々の業務に取り組んでいます。

現在の役割・業務内容を教えてください

後輩弁護士に対するOJT研修や業務指導のほか、採用内定者に対する司法修習中のフォロー等をする役割を担っています。

担当案件の分野別の割合を教えてください

個人事件を含めて、離婚・不貞20、労働・労災20、企業法務20、刑事・少年10、交通事故10、債務整理10、その他10くらいです。

1日の仕事の流れを教えてください

基本的には各弁護士が自己責任のもと自由に活動

朝は10時までに出勤していることが多いのですが、午前中や午後の早い時間に裁判所で期日の予定が入っている場合は、自宅から裁判所へ直行し、その後に事務所へ出勤します。そのような日は裁判所に行くまでの間、自宅で仕事をすることもあります。弁護士には一人一台、ノートパソコンとスマートフォンが支給(貸与)されますので、それらと記録を持ち帰れば自宅でもほとんどのことができます。
なお、福岡オフィスでは、記録の持ち帰りは自己責任で自由にできますし、時間についても一応コアタイムという制度があるものの、基本的には自己責任で自由に活動して問題ありません。一日中プライベートな用事に充てるような場合は正式に休暇を取って休むことになると思いますが、例えば日中ちょっと病院に行く程度であれば、休暇を取るまでもなく裁量の範囲内で自由に動くことができます。

また、日中の時間を個人事件に当てることも自由であり、時間の使い方として事務所事件と個人事件を分けているということはありません。弁護士会の委員会活動や勉強会に参加するのも全くの自由です。このように、基本的には各弁護士が自己責任のもと自由に活動しています。

ベリーベスト法律事務所では、新人弁護士向けの研修制度があると伺いましたが、どのような研修制度なのでしょうか

ベリーベストでは、新人弁護士に対する研修制度がきちんと整っている

まず、二回試験の合格発表後すぐに東京で集合研修があります。事前に各分野の基本的な参考書が支給されますので、それらを一読して予習した上で臨むことになります。この集合研修が年末まで2週間ほど続きます。この研修では座学の割合が多く、事務所で多い事件類型の基本的な知識をこの段階で身に付けていただくことになります。全国の同期と一緒に研修を受けることになりますので、同期の絆も深められます。
なお、配属先については事前に希望を確認したうえ原則第一希望の配属をしていますし、転勤についても本人の承諾がない限り強制的に行かせるということはほとんどありません。

そして、年明けから配属先のオフィスで勤務がスタートします。
配属先のオフィスでは基本的にOJTでの研修が実施され、先輩弁護士と一緒に相談に入ったり、先輩弁護士が既に受任している事件について一緒に検討や起案をしたりします。
その他にも、例えば福岡オフィスでは、先輩弁護士が事務所で多い事件類型を分野別に担当し、実際に経験した事件をもとに数問程度の事例問題を検討させる研修も実施しています。具体的には、新規相談での聴取事項や相談者に対する方針説明を検討させ、相手方に対する書面を起案させ、その後のやり取りも検討させた上、最後に実際の事件の解決に至るまでを先輩弁護士が解説することで、実際の事件を新人弁護士に疑似体験させる研修を実施しています。
これは、配属先のオフィスで各分野の事件が必ずしも万遍なく進行中であるとは限らないところ、なるべく早く新人弁護士に各分野の基本的な流れをつかんでいただきたいとの目的から実施しているものです。
また、これにより新人弁護士も各先輩弁護士の仕事の仕方や個性が分かりますので、それぞれの先輩弁護士の長所を吸収するとともに、短所は反面教師としていただければ良いと思います。

なお、OJTでの研修内容はオフィスごとに異なり、各オフィスの実情に応じた研修が実施されることになりますが、いずれにせよVBでは新人弁護士に対する研修制度がきちんと整っているといえます。

弁護士を目指している方や、ベリーベスト法律事務所への入所を検討されている方へメッセージをお願いします

様々な活躍の場や可能性が与えられる点が他の事務所にはないVBの特色であり長所

弁護士を目指している方は、ご自身がやりたいことに応じて事務所を選択することになると思いますが、まずは色々な分野の事件を経験してみたい、あるいは様々な分野の事件を経験できる環境が望ましいとお考えの方には、VBへの入所をお勧めします。
また、配偶者の転勤の都合等で全国に異動の可能性がある方や、組織の中でご自身の能力を発揮したいとお考えの方にも、VBへの入所をお勧めします。VBに入所して、何でも一通りできるゼネラリストになるのも良いですし、特定の分野のスペシャリストになるのも良く、その中間でも良いと思います。

また、マネジメントの才能があるのであれば、その道で活躍するのも良いと思います。このように、様々な活躍の場や可能性が与えられる点が他の事務所にはないVBの特色であり長所だといえます。
さらに、VBには社会人経験者や他事務所での活躍後に移籍してきた弁護士も多く、所内の弁護士にも多様性があります。このような多様性の中に身を置くことで、弁護士としての新たな可能性を見出せる機会も多くなるのではないかと考えます。

その他インタビュー