澤田 涼

様々な案件に触れ、日々成長を実感できる

先輩インタビュー

澤田 涼

Ryo Sawada

税務会計第一事業部
資産税部

現在の仕事内容と業務の特徴を教えてください

難しい案件も多いが、各士業に相談できる環境があるため、不明点をすぐに解決することができる。これも、各士業をグループに持つ、ベリーベストの強み。

ベリーベストに入社してちょうど1年が経ちました。
入社後は、資産税部として資産税を中心に、先生や先輩方のアシスタントも行いつつ、新規のご相談や法人税申告等様々なことを行わせて頂いていましたが、最近は事業承継案件に関与することが多くなりました。

グループ内に弁護士事務所があることから、様々な案件に触れることができるのもベリーベストの特徴の一つだと感じています。

具体的には、次世代への株式の承継や分散した株式の集約等のため、持株会社の設立や従業員持株会の組成、株価対策等、案件及び手法は様々です。 また、事業承継案件は、クライアント企業の将来に関わるため、責任は重いですが、その分やりがいも大きいです。難しい案件も多いですが、グループ内に各士業が在籍しているため、不明点をすぐに解決することができ、仕事を円滑に進めることができています。これも、各士業をグループに持つ、ベリーベストの強みだと思います。

まだまだ事業承継案件に関与し始めて間もないため、わからないことも多いですが、経験豊富な先輩方に道筋を示していただきながら奮闘する毎日です。 少しでも早く皆さまのお役に立てるよう、これからも精進していきたいと思います。

税理士を目指そうと思ったきっかけを教えてください

もともと数字や計算が苦手で文系の道に進んだのに、税理士を目指すことになるとは…人生とは何があるか分からない…

最初は公務員を目指すつもりでした。しかし、将来のことを考え、何かしら手に職をつけたいと考えるようになりました。また、今後も税金がなくなることはないだろうと思い、税理士を目指すことにしました。もともと数字や計算が苦手で文系の道に進んだのですが、つくづく人生わからないものだな…と思いました(笑) 。

税理士の仕事は、責任は重いですが、その分やりがいも大きく、また、様々な職種の方と出会うことができるため、この仕事に就いて良かったと思っています。

ベリーベストを選んだ決め手を教えてください

「やりたいことができる環境」、「多くを学ぶことができる環境」がベリーベストを選んだ決め手

税理士試験が終わり、税理士業務の全容を見ておきたいという気持ちから、一度は個人事務所に就職をしました。個人事務所で得るものも非常に多かったですが、税理士業界の競争の激しさに焦りを感じるようになりました。次第に、専門性を高めなくては!という思いが強くなり、転職を決意しました。

ベリーベストは、元々、学生時代にアルバイトとして勤務していたこともあり、「やりたいことができる環境」であること、「多くを学ぶことができる環境」であることが決め手となりました。

まだ働き始めて1年ですが、自分の希望した相続案件にも携わらせていただき、日々成長を体感できる、充実した毎日を過ごすことができています。

最後に、今後に向けての抱負をお願いします

何かしら強みがないと生き残れない世界。それでも今は、分野を定めず様々な仕事に挑戦していきたい

資産税部として入所しましたが、現在は資産税のほか、組織再編や事業承継など様々な業務に携わらせて頂いています。何かしら強みがないと生き残れない世界ですが、今は分野を定めず、様々な仕事に挑戦していきたいと考えています。

また、今後、AIの発達によって多くの税理士業務はなくなると言われています。しかし、事業承継のような提案業務はなくならないと思いますので、今後も経験を積み、日々努めていきたいと思います。

様々な案件に触れ、成長を実感できる毎日ではありますが、代表やマネージャーのクライアント対応に同席させていただくと、まだまだ自分の無知を痛感しています。

これからも、向上心を持ちながら、それでいて気張りすぎることなく、業務や勉強に励んでいきます。