大小様々な仕事を任され、それらをバックアップする体制も整っているところがベリーベストの魅力

三木田 直哉

Mikita Naoya

アソシエイト弁護士 / 69期

#オフィス所長

三木田 直哉

ベリーベストに入所した理由、また入所して良かったことを教えてください

早いうちから大小様々な仕事を任され、それらをバックアップする体制も整っているところがベリーベストの魅力

私が数ある法律事務所から就職先としてベリーベストを選んだのは、早い段階から仕事を任され、一般的な案件を多く経験しながら成長できる環境があると思ったからです。

実際にベリーベストに入所して、半年間は先輩弁護士と共同して事件を担当しましたが、半年後には単独で自分の事件を担当するようになりました。私は、早く自分1人で事件を担当することを望んでいたので、早々に独り立ちすることができ、自分の希望どおり仕事をすることができています。弁護士になって半年程度だと、まだまだ分からないことだらけですが、その点は、先輩弁護士に助言を求めると丁寧に回答をいただけるので安心して事件を処理することができます。

また最近は、検事、裁判官、大手渉外事務所出身の弁護士の先生がベリーベストに入所されており、事件を処理するにあたって、経験豊富な先生方に気軽に電話やメールで相談し助言をもうらことができることもベリーベストの魅力の一つだと思います。実際に、私も裁判の事件を進めるにあたって、問題が生じ、どのように手続きを進めたらよいか四苦八苦したときがありましたが、そんなとき、元裁判官の弁護士の先輩に相談したところ、裁判官目線の助言をもらい、無事に事件を処理することができたということがありました。

このように、早いうちから大小様々な仕事を任され、それらをバックアップする体制も整っているところがベリーベストの魅力であると思います。

入所後のベリーベストの印象を教えてください

若手のうちから、役割を与えられ、かつ自由な雰囲気の中で仕事をすることができる

若手の先生に大きな役割を与えられ、尊敬できる先生が多いという印象があります。最近でこそベテランの弁護士の先生も中途入所され、年代の幅も広がっていますが、それでもまだまだ若手の割合が多く、若手から重要な役割を担っています。実際私もまだまだ若手ではありますが、新潟オフィスの所長という大役を任されています。

また、新人のころも含めて、個々の弁護士の独立性を重視し、過度にルールで縛られず、自由に仕事をすることができるという印象があります。私は弁護士になってからしばらくは東京オフィスで勤務をしていましたが、その頃から時間の使い方など自由に仕事をしていました。現在は新潟オフィスで勤務をしていますが、特に事務所からルールで縛られることなく、自由に仕事をすることができています。

このように、若手のうちから、役割を与えられ、かつ自由な雰囲気の中で仕事をすることができるというのがベリーベストの印象です。

現在の役割・業務内容を教えてください

個々の事件処理以外にも、多種多様な業務があることが特徴

現在、私は新潟オフィスの所長を担っており、個々の事件の処理に加えて、オフィスのマネジメント、職場環境への配慮など、事件の処理以外の業務もしています。

まだまだ若手でありながら、オフィス全体の責任者としてマネジメント全般を任される責任感が大きいものがありますが、その分やりがいもあります。

その他にも、ホームページに掲載するためのコラムの作成、チェックなどの業務もあります。これらも、広告で集客を図るベリーベストに所属する弁護士としては重要な業務になります。

ベリーベストの弁護士は、個々の事件処理以外にも、多種多様な業務があることが特徴であると思います。

担当案件の分野別の割合を教えてください

私の担当している分野の割合としては、離婚案件30%、刑事事件(私選)30%、労働事件20%、交通事故20%、企業法務などの顧問20%といったところです。もちろんそれ以外にも事務所に依頼されるすべてのお客様の担当をするのでその他の様々な案件も処理することになります。ベリーベストでは主にオーソドックスな案件を処理しながら、その他にも多種多様な案件を処理することができることに特徴があると思います。

よく、ベリーベストは過払いなどの債務整理がほとんどなのではないかという印象を持たれていると思うときもありますが、実際はそんなことはありません。もちろん、任意整理、破産、個人再生などの案件も処理していますが、数としては離婚案件30%、刑事事件(私選)30%、労働事件20%、交通事故20%、企業法務などの顧問などの案件が主なところになります。

1日の仕事の流れを教えてください

1日の仕事の流れとしては、日中は裁判所に出廷するか、事務所にいるときは、打ち合わせ、法律相談、メールの確認、電話対応をしています。そして、朝や夜に時間があるときに起案をしています。事務所内では一応コアタイムというものがありますが、特に仕事をするに環境について、ルールなどで縛られていません。夜遅くまで仕事をすることもありますが、それも自分自身の管理のもとやっているだけなのでつらいと思うことはありません。

プライベートでは、冬は毎週スノーボードをしにゲレンデへ、春夏秋は週に2回ほどテニス、通年で毎週飲みに行っています。休日に事務所に来て起案などはしていますが、エンジョイすることも惜しみません。公私共に充実しているとはこのことです。

ベリーベスト法律事務所での新人弁護士研修制度を教えてください

入所してから同期全員が集まって2週間ほど様々な部署を体験できる研修を受けます。それから、配属先の各オフィスで先輩の弁護士と共同で法律相談をしたり、事件の処理を進めたりします。

また、ベリーベストには各分野において高い専門性を持った弁護士が所属しているので、テレビ会議を各オフィスに繋いで、それぞれの分野について質の高い講義を受けることもできます。

弁護士を目指している方や、ベリーベスト法律事務所への入所を検討されている方へメッセージをお願い致します

ベリーベストに入所して弁護士として活動すれば、短期間で実力と自信を身につけることができる

私はベリーベストに入所し、若いときから多種多様な多くの事件を単独で処理することができ、弁護士として必要な経験を積むことができ、弁護士として仕事をするにあたって当初に比べて自信が付きました。ベリーベストに入所して弁護士として活動すれば、短期間で実力と自信を身につけることができます。

個人事務所だと、事務所よっては扱う事件に偏りがあったり、ボスと合わないなどといったことをよく耳にします。最初に所属する事務所は弁護士にとって重要ですが、そこで出鼻を挫かれてしまえば損失は大きいです。その点ベリーベストでは、弁護士も大勢で、オフィスもたくさんあるのでなんとでも対処の仕様があります。

ベリーベストに入所されて外れはありませんので、ベリーベストに入所を検討されている方は、ぜひ一緒に仕事しましょう。会う日を楽しみにしています。

ある一日のスケジュール

8:00
出所して起案
10:00
離婚法律相談
11:00
労働法律相談
12:00
お昼ご飯
13:00
家庭裁判所調停
16:00
事務所に戻って起案
19:00
帰宅

その他インタビュー