向上心さえあれば、様々な案件を経験して成長できる環境が整っている

栗田 道匡

Kurita Michitada

アソシエイト弁護士 / 64期

#エリアマネージャー , #オフィス所長 , #横浜オフィス

栗田 道匡

ベリーベストに入所した理由、また入所して良かったことを教えてください

様々な経験をした先輩にいろんな意見を聞くことができ、幅広い種類の案件を扱うことができる

様々な経験をした先輩にいろんな意見を聞くことができる、ということです。私が入所した時点では現在ほど所属弁護士数が多かったわけではありませんが、それでも、たとえばボス弁1人という事務所に比べると、さまざまな意見を聞くことができたのは非常に有益でした。現在は私が入所した時よりも規模が拡大していて、本店や各拠点間での情報やノウハウの共有もなされているので、このメリットはより強くなっているのではないかと思います。

幅広い種類の案件を扱うことができる点も挙げられると思います。なりたい弁護士像にもよると思いますが、私は、離婚や労働、交通などの事件にメインで取り組んでいきたいと考えていましたが、他方で、企業法務にも興味がありました。ベリーベストでは、一般民事事件や離婚から企業法務まで、幅広い事件を扱っていますので、様々な種類の事件を扱いたいという私のニーズにマッチしていました。たとえば労働事件であれば労働者側、使用者側どちらの事件も受けており、一方での視点が他方の事件の場合に役立つ、といったことも経験しました。

また、同期の弁護士がいるというのも助かりました。案件の相談もできますし、うれしかったことやしんどいことなどの共有もできました。

入所後のベリーベストの印象を教えてください

弁護士、事務員問わず仲が良いというのが第一印象

弁護士、事務員問わず、仲が良いというのが第一印象でしょうか。チームで仕事をすることもあるので、自然とそういう文化が根付いたのではないかと思います。特に新人のころは、事務的な流れもほとんどわかっていませんでしたので、事務員さんに丁寧に教えていただいたのを覚えています。
そういう土壌があるためか、事務員をぞんざいに扱う弁護士もいないと思います。事務を行ってくれる人がいることで、弁護士が自身の業務に集中できるということを、弁護士側も理解しているからだと思います。

また、弁護士の中にも、元検察官の先生や行政におられた先生、多種多様な経験の弁護士がそろっていると感じます。他の士業の先生もおられ、疑問点について回答をいただくことができ、非常に有益でした。

現在の役割・業務内容を教えてください

横浜オフィスの所長と近隣のオフィスのエリアマネージャーを担当

私は現在、横浜オフィスの所長と川崎、町田、湘南藤沢という近隣のオフィスのエリアマネージャーという立場にいます。マネジメントの方では、弁護士の案件の進捗確認、不安点の洗い出しと解決方法の検討、期が下の弁護士の指導等を行っています。事務所の環境は事務員との良好な関係が必要不可欠だと感じていますので、事務員の意見の吸い上げも重要です。

案件面では、離婚、労働、交通事故、刑事、企業の顧問等、多様な案件に携わっています。

担当案件の分野別の割合を教えてください

前記の離婚、労働、交通事故、刑事については大体同じような数で、それに企業関係の相談数が続いています。私個人は、本店にいたときに特に交通事故を多く扱ってきた経緯から、交通事故の割合が若干大きいです。

1日の仕事の流れを教えてください

個人事件についても、事務所事件を圧迫しない限度で気を遣わずに行える

弊所ではコアタイムというのがあって、私の場合は午前10時から午後7時になります。案件面では、新件相談担当日というのを各弁護士が持っていて、担当日であれば来所相談をメインに行うことになり、担当日でなければ主に起案や期日出頭、受任している事件の顧客との打ち合わせ等をメインに行うことになります。昼休みは各自スケジュールを見ながら自由にとっています。

いわゆる個人事件についても、コアタイム内に打ち合わせを入れるなど、そんなに気を遣わずに行っています(もちろん事務所事件を圧迫しない限度で、ですが。)。

午後7時以降は、起案や打ち合わせを行う日もあれば、午後7時でスパッと帰る日もあります。起案や打ち合わせを行う場合でも、一旦晩御飯を食べてから事務所に戻ってくる弁護士、仕事を終わらせてから食事に行く弁護士等、様々です。もちろん飲みに行く日もあります。

ベリーベスト法律事務所での新人弁護士研修制度を教えてください

本店での研修を行う場合は、各分野のチームごとに模擬相談等の研修があります。最初から本店以外で勤務いただく場合には、研修動画があるのでそれを見ていただいて、その上でOJTという形が多いです。先輩弁護士と一緒に相談や期日出頭、起案等を行います。はじめのころは先輩弁護士が主に話をしますが、徐々に新人の先生にメインでお話しいただくようにして、最終的には1人で相談や案件処理ができるようになるイメージです。

もちろん、1人で相談に入るようになっても不安な点はあるでしょうから、そういう場合は相談を中座して、先輩弁護士に確認してもらうようにしています。また、案件処理でわからないことがある場合にも、随時先輩弁護士に聞いていただくようにしています。

弁護士を目指している方や、ベリーベスト法律事務所への入所を検討されている方へメッセージをお願い致します

向上心さえあれば、様々な案件を経験して成長できる環境が整っている

事務所全体での所属弁護士が多くいろんな意味で助け合える点や、幅広い種類の案件を扱うことができるのがベリーベストの長所だと思います。手を挙げれば、概ねどんな分野の案件でも経験できるのではないでしょうか。いろんな分野に興味があって全部やってみたいという方や、主に取り組みたい分野があるけど、他の分野もやってみたいという方、将来的に注力したい分野があるが、その他の分野の案件にも携わってみたいという方には非常にマッチする職場だと思います。

もちろん、どの職場でも要求される最低限の向上心は必要ですが、それさえあれば、様々な案件を経験して成長できる環境が整っていると思います。

その他インタビュー