宮本 昌和

成長の早い事務所だからこそ、自分も成長できる

先輩インタビュー

宮本 昌和

Masakazu Miyamoto

債務整理部 課長

ベリーベスト法律事務所を選んだ理由はなんですか?

法務の仕事を探していたところ、ベリーベストに縁を感じた

前職では店舗開発部署におり、案件の収益性の確認や契約内容の精査などをしていました。しかし、その当時、耐震偽装が社会的な問題となり、そのあおりをうけ業界全体で建築確認が取りにくくなるという事態が起こり、転職を余儀なくされました。
転職活動にあたり元々、法務に関する仕事をしていたこともあり、選択肢のひとつに法律事務所があったのですが、ベリーベスト法律事務所にご縁を感じ入所することを決めました。

やりがいを感じていることはなんですか?

自分の仕事でお客様が本当に喜んでくれるんだなと実感した時

ベリーベスト法律事務所では過払い金の返金処理を行う際、電話対応をしているのですが、お電話口でお客様が「ありがとう。本当に助かったよ」などと言ってくれることがあり、自分の仕事で本当に喜んでくれる人がいるのだなと実感できるので非常にやりがいを感じます。

今後の目標はなんですか?

成長の早い事務所だからこそ、早い段階で仕事を任せてもらえる

ベリーベストはとても成長の早い事務所なので、仕事の正確性やスピードが認められると早い段階で仕事を任せてもらうことができ、リーダー、マネージャーとどんどん昇進していくことができます。
また、私は今、債務整理部のマネージャーをしているのですが、私の立場だからこそ社内の意見やお客様のニー ズをより広くみ取ることができるのではないかと思っており、その知見をサービスに反映していけるようなパラリーガルになっていきたいと思っています。

就職活動中の方々にメッセージをお願いします。

就職活動は自己アピールの仕方が肝となる

就職するにあたって、自分の仕事の仕方を把握した上で「こういうことが得意だ」「自分をこういう方向で使ってもらえると能力を発揮しやすい」ということをアピールしてくれると採用活動が非常にやりやすくなります。この仕事は正確性が求められる仕事なので、まじめでコミュニケーション力の高い方が来てくれると嬉しいです。

一日の仕事の流れ

7:30
出社
昨日退勤後に届いたメールをチェックし、本日のスケジュールを調整。
8:00
入出金データの取り込みと照合
昨日の入出金状況を確認し、内容不明なものがないか照合作業をおこなう。
8:30
案件進捗状況のチェック
チームメンバーからの報告をもとに、案件の進捗状況を把握する。当日の業務を円滑に行うための下準備。
9:30
入出金データの取り込み
現時点での入出金状況を確認。
9:45
各種精算処理
当日送金が必要な金額のチェックと精算処理の実行。
12:00
ランチ
13:00
チームミーティング
案件の状況報告、業務フローの効率化などテーマは様々。
14:00
各種精算処理
翌日以降送金が必要な案件のチェックと費用計算、精算準備。
15:30
入出金データの取り込みと照合
本日の入出金状況の確認および照合作業。
17:00
所内ミーティング
部内各チームリーダーも参加してのミーティング。チーム間の情報を共有し問題点をピックアップ、改善に向けた協議をおこなう。
18:00
実績の把握と翌日準備
1日の入出金実績の確認と今後の予測を行いつつ、明日以降の業務の準備
19:00
帰宅