大武 真織

女性の弁護士が活躍できる法律事務所

先輩インタビュー

大武 真織

Maori Otake

アソシエイト弁護士

64期

入所先としてベリーベストを選んだ理由を聞かせてください

様々な分野を取り扱っているため、自分の専門分野を見つけられる

弁護士として勤務するにあたり、どの分野を専門的にやるか悩んでいたところ、ベリーベスト法律事務所では、様々な分野を取り扱っているため、色々な経験を積む中で自分の専門分野を見つけることができると考え、入所を決めました。様々な経験を有する弁護士が多く所属しているところも魅力に感じた点です。

他の事務所に比べてベリーベストの良い点は

先輩と一緒に経験を積みながら自由に仕事ができる

先輩と一緒に経験を積ませていただきながら、案件も任せていただいていますので、自由に仕事をすることができています。他の事務所に比べて弁護士の数が多いので、案件に関して経験を積んだ先輩の弁護士や同期の弁護士に相談をしたり議論をしたりすることができますね。弁護士が数人という法律事務所も多いですし、昔ながらのボスひとり、イソ弁ひとりという法律事務所も多くありますので、先輩や同期の弁護士に加え弁護士以外の士業の方とも協力できるところは良い点だと思います。

仙台オフィスの所長を経験されたとうかがいましたが、いかがでしたか

困った時は、本店や他のオフィスが支えてくれることがありがたい

仙台オフィスの所長弁護士として、幅広い案件を担当させていただき、弁護士としての経験も増えました。また、営業活動の一環として、商工会議所の名刺交換会にも参加するなど、地域との繋がりもありまして、非常に良い経験をさせていただきました。オフィスに所属していましたが、困った時は本店や他のオフィスの弁護士やパラリーガルさんにも助けていただきました。このような時、とてもありがたみを感じましたね。

仕事のやりがいはどのような時に感じますか

お客様からの感謝が一番やりがいを感じる

一番印象に残っているのは刑事事件の案件でしょうか。ご家族から依頼を受けて被疑者と接見をしたのですが、信頼できるお人柄の方だと感じましたので、なんとか役に立てるようにとヒアリングをしながら被疑者と一緒に対応方法を検討し、反省文を提出するなど様々な対応を行いました。その結果、釈放となり、お客様からも感謝していただいたときは、弁護士としてのやりがいを感じましたね。

これから力を入れていきたい分野はありますか

今後は相続や成年後見に力を注ぎたい

今後は、相続や成年後見に力を入れていきたいという希望があります。核家族や高齢化などにより、相続や成年後見が問題化することも多くなっていますので、紛争の予防的な面を含めて弁護士として役に立ちたいなと思っています。

女性が働く環境としてはいかがですか

出産後、復帰して活躍している弁護士は多い

出産後に復帰されて活躍されている弁護士の方も多くもいらっしゃいますし、女性の弁護士が活躍できる法律事務所だと思います。

これから弁護士を目指す方にアドバイスをください

仕事をしながら自分の進みたい道を選択

やりたい分野が決まっているのであれば、それを地道に目指し、そうでなければ、私のように幅広い分野を経験していくことで、自分の進むべき道を決めていくというのも良いと思います。

一日の仕事の流れ

10:00
出社
10:10
離婚案件の相談
離婚案件の新規相談で、依頼者が来所 不安を抱えているお客様が多いため、よく話を聴くことを意識しています。今後に向けて、決意が固まっているかという点をしっかりと確認しながら話を進めます。
12:00
昼休憩
14:00
裁判所出頭(建物明渡訴訟)
建物明渡訴訟期日があるため、外出
裁判所への出頭は基本的に最後の仕上げです。その日のための事前準備が重要であり、多くの時間を費やします。このような裁判所への出頭は週に2回ほどあります。
16:00
離婚調停来所打合せ(TV会議)
地方オフィスの弁護士ヘルプでTV会議システムを使って、依頼者と打ち合わせ 全国オフィスの対応ができることは、ベリーベストの強みです。遠方でも、TV会議システムを活用して依頼に対応することが稀にあります。
17:00
労働案件の相談
労働案件の相談で依頼者が来所 労働の相談では、依頼者の気持ちを汲み取りながら、法律と照らし合わせて賠償額を見極めること等が重要であると考えています。
18:00
書面作成
調停期日に提出する書面を作成
スケジューリングや事前の確認がとても重要な業務です。
19:30
業務終了