積極的に先輩と議論を積み重ねることができる、風通しの良い事務所

坂本 佳那

Sakamoto Kana

アソシエイト弁護士 / 71期

#大阪オフィス

坂本 佳那

ベリーベストに入所した理由、また入所して良かったことを教えてください

産休育休や時短勤務をされている先輩方も身近におり、様々な働き方で活躍できる

私は、地域に住む個人のお客様が悩む法律問題を解決したいと考え弁護士を目指していました。

弁護修習でお世話になった先生は、個人で事務所を開業し、中小企業の法務や地域住民からの法律相談を幅広く扱っており、その仕事ぶりを間近で見させていただいて、私は、様々な分野の経験を積み、地域に貢献できるようになりたいという思いを更に強くしました。
ベリーベスト法律事務所は、規模が大きく、取り扱う案件も幅広いことから、地域に住む個人のお客様のあらゆるニーズに対応でき、まさしく私の希望に沿う事務所でした。
入所してよかった点は、弁護士が多いことです。

私は、弁護士1年目で、案件の進め方やお客様対応についての経験がまだまだ浅いです。しかし、私の在籍している大阪オフィスには先輩弁護士が10人いて、10人それぞれの仕事スタイルを学ぶことができます。多くの弁護士の仕事方法を知り、自分の経験とすることができる点で、当事務所に入所してよかったと考えております。
また、当事務所には多くの弁護士が在籍しており、そして弁護士の中には各分野を熟知した方がいます。案件の中には、これまで扱ったことのない内容もあり、自身の調査で検討しきれないこともあります。そんなときに、当該分野に精通した先輩弁護士に相談できる環境が整っているのも良かった点です。

女性弁護士も多く所属しており、育休や産休も取りやすいと聞いていたので、女性も働きやすい事務所だと思い、入所しました。実際に、産休育休や時短勤務をされている先輩方も身近におり、様々な働き方で活躍できるのも当事務所の良いところだと思います。

入所後のベリーベストの印象を教えてください

積極的に先輩と議論を積み重ねることができる、風通しの良い事務所

1年目でも積極的に意見交換でき、風通しの良い印象です。

相談の対応や案件の進め方について、先輩と共同で担当しますが、先輩の方針をただ聞くだけではなく、自分が検討した内容について意見を発言することができ、積極的に先輩と議論を積み重ねることができます。

また、案件以外にも、事務所をより良くするために、ミーティング等でも積極的に若手の先生方も発言しているのを見て、風通しの良い事務所であるとの印象を持ちました。

現在の役割・業務内容を教えてください

先輩方との共同担当で、現時点では副担当として案件を進める

現在の業務内容は、新規の法律相談を受け、受任後は交渉をしたり、裁判所に期日に行ったり、書面を作成したりしております。

これら案件への関わり方としては、先輩方との共同担当で、現時点では副担当として進めています。副担当とはいえ、先輩の方針にただ従うだけでなく、自身で文献や裁判例を調査し、方針を決めたうえで報告し、先輩と議論を積み重ねながら、案件を進めていきます。名目は副担当ですが、自分がメインで案件を進めていっているとの自覚を持って取り組んでいます。

徐々に一人で相談を担当したり、案件をこなしていくようになります。

担当案件の分野別の割合を教えてください

私の担当している分野の割合としては、家事事件 約20%、労働事件 約40%、交通事故 約20%、その他一般 約20%、刑事事件 数%ほどといったところです。

ベリーベスト法律事務所では、新人弁護士向けの研修制度があると伺いましたが、どのような研修制度なのでしょうか

12月に弁護士登録がされてすぐに、当事務所で扱う分野について、2週間、本店で研修を受けます。
分野は、離婚、労働、刑事、交通事故、企業法務、債務、建物明渡請求、B型肝炎です。

各分野に精通した先輩方から、各分野の案件解決への流れや弁護士とパラリーガルさんの仕事内容についてレクチャーを受けます。大まかな流れを知ることで、1月から、実際に業務を行うにあたり、イメージが持ちやすかったです。
また、それぞれの案件で気を付けるべき点や、過去に苦労した案件の話を聞くことができ、大変参考になりました。

さらに、講義だけでなく、先輩弁護士が被疑者役や被害者役になって、接見や示談交渉のロールプレイングをしました。接見や示談交渉においてやるべきこと、やってはいけないことを身をもって経験することができ、実務に出てからも大変役に立ちました。
また、当事務所の研修は、法律だけでなく、ビジネスマナー研修もあります。社会人経験を経て弁護士になられる方もいますが、私のように弁護士1年目=社会人1年目という方も多いと思います。正しい敬語の使い方や名刺の渡し方など、相手に失礼にならない振舞い方を教えていただき、実際に練習もしたりして身に着けることができました。

弁護士を目指している方や、ベリーベスト法律事務所への入所を検討されている方へメッセージをお願いいたします

1年目からでも色んなことにチャレンジできる環境が整っている

弁護士になってから痛感していることですが、案件を解決していくに当たっては、これまでの司法試験、司法修習で得た知識だけでは足りません。当事務所では、幅広い分野の相談をいただきます。依頼者の方々から様々な相談を受けて、その都度、それぞれの分野について勉強し、解決策を模索して、成長することが大事なのだと感じております。

当事務所では、一人で悩むことはなく、先輩弁護士に相談したり、議論を重ねながら、経験を積むことができます。また、各分野の勉強会も定期的に行われており、他の先生方の経験を共有していただけるので、大変参考になり、日々の業務にも活かしています。他の事務所よりも早く、自信を持って一人でも案件を持てるようになれると思います。

また、新しい分野も開拓し、勉強会も立ち上げていることもあり、1年目からでも色んなことにチャレンジできる環境が整っています。

ある一日のスケジュール

9:30
出社
10:00
家庭裁判所の調停期日
期日は、これまで準備したことの集大成です。期日までに依頼者と打ち合わせを重ね、書面をしっかり整えて臨みます。
12:00
昼休憩
13:00
書面作成
準備書面や、交渉で相手方に送るための書面を起案します。事前に依頼者と相談しながら、書面を仕上げていきます。
16:00
離婚の相談対応
依頼者の気持ちもくみ取りながら、やはり最後は法律的にはどう対処していくのが最善かをお伝えします。
18:00
委員会活動
当事務所では委員会活動や会派活動も業務に支障が出ない限り自由に行うことができます。
19:00
委員会終了、直帰

その他インタビュー