ベリーベストグループ採用情報

ベリーベストグループ採用情報|ベリーベスト法律事務所

業務支援室

弁護士としての第一歩をサポートする業務支援室

ベリーベストで弁護士としてのスタートを考える人にとって、スキルやノウハウを身につけていく環境や体制がどうなっているのかは気になるところだと思います。それをサポートしているのが、業務支援室。経験豊かなパートナー弁護士を軸に、皆さんの第一歩を応援します。

業務支援室とは…

業務支援室は、新人弁護士に対する支援体制の確立および、事務所全体のレベルアップを目指して日々活動しています。

主な活動は、新人弁護士が入所時に実施する1か月間の合同研修、その後のOJT、MLでのフォロー、毎月実施しているチーム毎の基礎研修の企画・運営、配属後に行う個別面談などがあります。

新人の弁護士がしっかりと独り立ち出来るように、継続的にフォローする体制を整えています。

また、弁護士として何をどのくらいのスケジュール感で行うか、等をまとめた業務マニュアルの作成にも取り組んでいます。

業務支援室のイメージ

エリアマネージャー挨拶

パートナー弁護士 エリアマネージャー(東日本担当) 藤井 靖志

私たちが目指すのは、誰もが能力を発揮できる理想の法律事務所。

業務支援室で私が携わっているのは、新人研修のプログラム策定をはじめとした人材育成です。こちらに移籍する以前の法律事務所でも、弁護士業務のかたわら、法科大学院の学生や司法修習生、新人弁護士の研修・育成を数年間経験しており、当時のノウハウが今も大きく役立っています。

現在、ベリーベストの規模は年々拡大中で、それに伴い、採用人数も増え、研修内容を変えていく必要がありますし、ミスマッチを防ぐため、配属や専門領域についても、よりきめ細かな対応が必要になってきました。

本店では今年より、全ての部門を集中して経験する研修スタイルを採用しました。また、先輩によるOJTで、実際に法律相談や起案などに携わり、各人の適性等を見極め、本人の希望も考慮しつつ、どの部門を中心とするかを決めます。支店勤務の場合は、こちらから訪問するなどして、業務上のアドバイスを行うようにしています。

私たち業務支援室は、ベリーベストを働く環境としても日本一の法律事務所にすることが目標です。

パートナー弁護士 エリアマネージャー(西日本担当) 萩原 達也

地方であっても支障なく業務を進められる環境に注目してほしい。

支店の体制は、まだ数名単位がほとんどで、地方支店の弁護士はマルチプレイヤーでなくてはならない場合も少なくありません。支店長は経験豊かな中堅・ベテランクラスが任じていますが、メンバーは新人も少なくありません。ゆえに、新人も即戦力として求められます。また、日頃の業務を進める上で、パラリーガルの協力も欠かせません。新人弁護士に対する総合的なスキル育成と共に、支店全体が円滑に回るようにサポートしています。

幸い、規模が大きくなっても、ベリーベストでは互いを助け合うマインドが浸透していますし、TV会議システムをはじめとした社内インフラが整っており、情報の共有はもちろん、経験豊富な専門家からアドバイスを得ることがでます。また、定期的に本店・支店間にてミーティングを開催し、ナレッジの共有も心がけています。こういった点で、地方でも活躍できるチャンスにあふれている事務所といえるでしょう。私たちは、地域一番の選ばれる法律事務所を目指しています。

支援体制

各種勉強会・研修について

・入所時合同研修(ビジネスマナー、業務基礎研修、ジョブローテーション)
・チーム毎に基礎知識を身につけるための勉強会を毎月実施(通年)
・個別の成長度に合わせた勉強会(随時)
・支店弁護士のための本店研修(随時)
・ネイティブ講師による個別の英語研修(定期)

勉強会・研修

支店との連携

TV会議システムの導入

全拠点TV会議システムで繋がっているため、離れていてもいつでも顔を合わせての相談やミーティングが可能です。

リアル支店長会議の実施

通常は拠点が離れているためTV会議システムを使用していますが、定期的に実際に全支店の支店長が一堂に会する会議も実施しています。

テレビ会議

業務支援チームのメンバー

業務支援室のメンバーは、元法テラス東京の所長や、元検事、また過疎地での勤務経験のある弁護士等、経験豊富なパートナー弁護士のもと、各チームのリーダーたちが担当します。

業務支援チーム弁護士挨拶

  • 債務整理部マネージャー 甘利 禎康 弁護士

  • 債務整理部マネージャー 日原 聡一郎 弁護士

  • B型肝炎部マネージャー 今酒 雄一 弁護士

  • 刑事チーム チームリーダー 巽 周平 弁護士

  • 労働チーム チームリーダー 引地 真一 弁護士

  • 交通事故部マネージャー 外口 孝久 弁護士

メンバーのイメージ

パートナー弁護士 63期 甘利 禎康

積極的に様々な案件に関わりたいという人にはとても良い環境。

ベリーベストでは、「この仕事をやりたい!」と言えば、基本的にはやらせてもらえる環境があります。大きな事務所で案件の種類も豊富ですから、積極的に様々な案件に関わりたいという人にはとても良い環境だと思います。実際、68期からは、全ての専門チームに所属して色々な案件に挑戦してもらいつつ、少しずつ自分が専門的に取り組みたいと思う分野に特化してもらうようにしています。
案件数が多く、慢性的な人手不足に悩まされていますので、是非積極性のある方に入所していただき、早く戦力になっていただけると嬉しいです。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

パートナー弁護士 64期 日原 聡一郎

一番重要なのは、皆さん自身のモチベーションと努力です。

ベリーベストでは、新人の皆さんの成長を助ける研修を実施したり、サポート体制を構築しています。しかし、一番重要なのは、弁護士としての力をつけたいという新人の皆さん自身のモチベーションとそれに向けた努力です。私たちとしてはこのような気概をもった方がベリーベストのメンバーに加わってくれることを希望します。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

パートナー弁護士 64期 今酒 雄一

一つ一つの事件に真摯に、真剣に取り組んでいきたい。

驕ることなく、一つ一つの事件に真摯に、真剣に取り組んでいきたいと思っております。みなさんと一緒に働けるのを楽しみにしております。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

パートナー弁護士 65期 巽 周平

事件処理に当たる前にロールプレイングで充分な指導を行います。

ベリーベスト法律事務所では、新人弁護士が事件処理に悩んだ時に、先輩弁護士に相談できる環境が整っています。また、私がリーダーを務める刑事事件部門では、研修制度の中で模擬接見等のロールプレイングを行っており、実際に事件処理に当たる前にも充分な指導を行います。
刑事事件に対する「熱意」をもった皆さんのご応募をお待ちしております。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

パートナー弁護士 65期 引地 真一

不安なことがあっても一人で抱え込む必要はありません。

ベリーベスト法律事務所では、新人研修、OJT、チーム内の勉強会などにより、受任から事件終了までを単独で行える力がなるべく早く身につけられるようなサポート体制を作っています。
また、書面作成で悩んだときに参考になる書面のストックもあります。事務所の雰囲気も堅苦しくなく、分からないことがあったら先輩弁護士に気軽に相談できる雰囲気ですので、不安なことがあっても一人で抱え込む必要はありません。
まだまだ成長過程にある事務所ですので、共に悩み、共に成長していける皆様のご応募をお待ちしております。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

パートナー弁護士 66期 外口 孝久

事件処理に当たる前にロールプレイングで充分な指導を行います。

周りの弁護士に負けない専門的なノウハウを身につけるためには、「主体的に」「相当程度の量」をこなさなければなりません。ベリーベストでは、数多くの分野のスペシャリストが集まって、多種多様の案件を取り扱っていますので、ありとあらゆる分野において専門的なノウハウを学べる環境が整っています。もっとも、どのような環境であっても、それを活かす気概のない人は伸びません。恵まれた環境を最大限活かそうと努力することのできる人をお待ちしています。

▲ 業務支援チームのメンバー に戻る

関連情報

研修制度

研修制度