ベトナム進出のメリット

ベトナムとは?

(1)国土・気候
ベトナムへは、日本から南西へ約4,000キロ、6時間強のフライトで行くことができます。国土の広さは約33万キロメートル(日本は 38万平方キロメートル弱)と、日本全土の面積から九州の面積分を引いたくらいとイメージできま す。 ベトナムというと、「東南アジアの常夏の国」という印象があるかもしれませんが、首都ハノイのある北 部では四季があり、テト(ベトナム旧正月)の頃は気温が10℃前後まで下がることがあります。商都ホーチミンのある南部は常夏で、乾季と雨季があります。
(2)人口・年齢
人口は9千万人を超えました。緩やかな産児制限(公務員を対象とした「二人っ子政策」)はありますが、 毎年100万人弱増え続けていて、いずれは日本の人口と逆転すると言われています。東南アジアの国の 中では、インドネシア(約2億5千万人)、フィリピン(約9千5百万人)に次ぐ、第3位の人口規模と なっています。
全人口の平均年齢は 29.2歳と若く、街を歩いていると結婚式をよく見かけますし、職場では必ずといっていい割合で妊婦がいます。日本の全人口の平均年齢は 46.1歳ですから、ベトナムが若い世代の国であることがよくわかります。
(3)産業、社会
主力の産業は、なんといっても農業です。食料自給率は160%、コメやカシューナッツ、コーヒーの輸出では世界で 1,2位を争っています。しかし、ベトナム政府は、農業の生産性を高めることを目指しながら、同時に「2020年までの工業化、近代化」も目指していて、農村から工業団地、都市部に出てきて仕事をする人が増えています。

ベトナムの国名は、「ベトナム社会主義共和国」です。ベトナム共産党が事実上一党独裁体制で統治しています。とはいえ、1986年から始まったドイモイ(刷新)政策以降、市場経済システムを導入していて、「社会主義市場経済」というユニークな体制をとっています。

日本から初めてベトナムに来た人は、まずはバイクの量に圧倒されるでしょう。9千万人強の総人口に対して、バイクの数は4千万台と言われ、約2.2人に1台の割合でバイクを持っていることになります。 他方、ここ数年で自家用車の数も確実に増えており、現在は 200万台の自動車が普及しています。ベトナム最初の地下鉄はホーチミン市で 2020年に完成する予定です。都市交通も着々と整備が進められています。
(4)日本との関わり
ベトナムでは、現地の人から「日本のお蔭でこの道ができた」「日本のお蔭でこの橋ができた」と話しかけられることがあります。実際、日本はベトナムにとって、ODA(政府開発援助)による最大の経済援助国です。 ベトナムに駐在する日本人は1万人を超え、徐々に増えています。そして、日本に住んでいるベトナム人の数は、2014年末時で約6万5千人、前年比 138%と大幅に増えています。勤勉で器用といわれる ベトナム人が技能実習生として来日しているほか、留学生も増えていて、国別の留学生数では地理的に 近い中国、韓国、台湾という東アジア3ヶ国・地域からの留学生を除けば、ベトナムからの留学生が一番多くなっています。

ベトナムに進出するメリット

(1)自由化政策、外資優遇政策
ベトナムは社会主義国ですが、1986年以降、ドイモイ(刷新)政策により「社会主義市場経済」という形で経済活動の自由化をっています。2007年にはWTOに正式加盟し、国際的なルールにしたがって貿易やサービス分野での自由化・市場開放を進めています。 また、2015年末までに予定されているASEAN経済統合により、ベトナムを含めて域内人口6.3億人という大きな経済圏でヒト・モノ・サービスの流通が自由化されます。さらに、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を正式に決定したベトナムは、生産拠点としても消費市場としても注目されています。

ベトナム政府は、外国からの投資を誘致するため、さまざまな投資優遇策をとっています。ハイテク産業、インフラ整備、環境保護に関わる産業や労働集約産業などの投資奨励分野が定められていて、法人税を半減するなどの優遇措置で投資を促進しています。
(2)経済成長率、人口動態
ベトナムの経済成長率は、ここ数年5~6%台を維持していて、安定的に成長しています。1人当たりGDPも1,910 米ドルと、スーパーマーケットなどのモダントレード業態が登場する段階に入っており、実際にハノイやホーチミンなどの都市部には、イオンやロッテなどの外資系スーパーが進出しています。
低所得層が減り、中間層が全人口の40%ほどを占めるようになりました。全人口の平均年齢が29.2歳と若く、「人口ボーナス期」にあるため、消費市場も拡大しています。
(3)ベトナムの特徴
生産拠点を海外に移す場合、人件費の安さが重要になりますが、それだけではありません。目先の人件費が安くても、真面目に働く人が少なく離職率が高ければ、結局人事コストは上がってしまいます。 ベトナム人は、勤勉、器用、素直であると言われています。もちろん、「ミスをしても謝る人は少ない」とか、「人前でミスを指摘されるのを嫌う」といった文化的な特徴はありますが、全体としては真面目に 働き、素直な性格の人が多いといえるでしょう。また、ベトナムの特徴として、テロや政変などのカントリーリスクが低いことが挙げられます。投資を一瞬で無にしてしまうような事件が起こるリスクは低い国であるといえます。
(4)最近の流れ
日本からベトナムへの進出案件は、円安や日本国内の景気回復、大型案件が一段落したなどの要因から、金額ベースでは減る傾向にあります。しかし、投資認可件数ベースでは過去最高を更新していて、中小規模の投資が活発に行われていることがわかります。

弁護士紹介

詳しくみる