投資ストラクチャリング

投資ストラクチャリングの構築

海外に日本企業が進出する場合に問題になるのは、どのような投資スタイルを採るかです。日本企業が海外進出する際の投資スタイルとしては、現地子会社又は駐在員事務所の設立、現地企業への出資・M&A、合弁会社の設立など多様な選択肢があります。ビジネスチャンスを確実にものにするためには、投資対象国のビジネスモデルを研究して、その国に合ったビジネスモデルを選択しなければなりません。 そのためには、その国に合ったビジネススキーム、いわゆるストラクチャーを詳細に検討し、構築していく必要があります。

ベリーベスト法律事務所は、現地法律事務所との強力なパートナーシップを駆使して、ビジネスモデルに関連する法令、運用される規制措置などを調査し、また、投資対象国の当局に対する照会制度を利用するなどのメソッドを利用してお客様のストラクチャー構築を全面的に後押しします。

弁護士紹介

約100名の弁護士が貴社をサポート

浅野健太郎

浅野 健太郎

米国ニューヨーク州弁護士資格保有。国際的な法務案件の実績多数。

本川 朱美

本川 朱美

行政府及び衆議院に勤務経験があり、行政経験にもとづく国際法務に定評がある。

詳しくみる