1. 任意売却 ベリーベスト法律事務所
  2. >
  3. 任意売却のメリット

任意売却のメリット

競売のデメリット 任意売却のメリット
落札価格は、相場よりもかなり安いため、競売後も多額の残債務が残る。 相場に近い価格で売却できるため、残債務が大きく減らせる可能性がある。
引っ越し費用を捻出しなければならない。 売却代金から引っ越し費用を出してもらえる可能性がある。
競落する人を選択できない。 買い手を選択でき、交渉次第では、買い手から借りて住み続けたり将来買い戻せる可能性もある。
インターネットや新聞広告で競売にかけられていることを周囲に知られてしまう可能性が高い。 売りに出していること以上のことが周囲に知られることはない。
  • 残債務の大幅な減少が期待できる

    任意売却は、基本的には通常通り市場で不動産を売りに出す手続きです。そのため、売却価格はその不動産の相場価格に近い価格になります。競売に比べて2,3割以上高く売却できるケースも少なくありません。高く売却できれば、その分をローンの返済に充てられますので残債務の大幅な減少が期待できます。

  • 引っ越し費用を確保できる

    引っ越しをするとなると移転先の契約費用、引っ越し代等で数十万円単位のお金が必要になります。ローンの支払いが困難な状況で数十万円を捻出するのは決して容易ではありません。任意売却の場合、交渉次第では売却代金から引っ越し費用を出してもらえる可能性があります。

  • 住み続けられる可能性もある

    任意売却の場合買い手をご自身で探すこともできます。もし、ご親族や知人の方の中で適正価格で不動産を買い取ってくださる方がいる場合などは、交渉次第では、買い手から借りて住み続けたり、買い手から将来買い戻せる可能性もあります。

  • 売却の経緯を周囲に知られなくて済む

    任意売却は、基本的には通常通り市場で不動産を売りに出すだけです。弊所も関与する不動産業者も厳重な守秘義務を負っていますので不動産を売却することになった経緯等を周囲に知られる危険性はありません。