ミャンマーの経済情報

注目される投資先、ミャンマーの経済情報
ミャンマー輸出入の推移

近年、輸出が拡大

・2000年~2008年にかけて、輸出額が3.3倍
・2000年からタイ向けに天然ガス輸出本格化
・2013年から中国向けに天然ガス輸出予定
※2003年からアメリカの経済制裁開始

軍事政権からの大転換期をむかえているミャンマーは、普通の後発展途上国です。このため、インフラを含めた環境の構築には、まだまだ時間を必要とし、抜本的な改善を行っていくであろうと考えられます。この中、ミャンマーが潜在的に保有する能力は、国民性や地政学的なメリットを通して開花する可能性が高く、ビジネスチャンスは、非常に大きいものと考えられます。

既にいくつもの分野で経済は始動しており、資源の開発や近隣諸国の経済関係の強化、労働集約型の産業(紡績業)など、日本、中国、韓国向けの輸出は急激に増加しております。ミャンマー国内需要による消費ブーム(自動車や携帯電話等)も過熱し始めている中、裾野の広い経済・産業発展を行うことがキーポイントとなります。

今後、経済改革が進む中、いち早くミャンマー進出を行うことで、アドバンテージを得る機会は多いものと考えます。

輸出第一主義

ミャンマーの国策として採用。輸出外貨(輸出によって得た外貨から輸出税10%を控除した額の金額)などの輸入権付が以下の範囲内でのみ輸入を認める制度。

輸出入業者登録

商業省貿易局に対して登録を行い(輸出入業者として)、輸出入業者登録証が必要です。
※企業設立時において外国企業(製造を伴わない農水産品の物資取引)に対して、貿易業営業許可は下りない。

輸出入ライセンス

具体的な輸出入取引を行う場合、取引を行う都度、輸出ライセンス(もしくは輸入ライセンス)を取得する必要がある。 なお、輸入ライセンスに関しては、ライセンスフィ―が必要(250~50,000チャット)。

弁護士紹介

詳しくみる