ミャンマーの魅力

ミャンマーの魅力~一言コラム~

まず、ビールが美味しいです。

これはさておき、天然資源が豊富石油、天然ガス、木材、鉄、金、ルビーや翡翠など、多くの天然資源を有しています。治安が良いミャンマーは軍事政権で危険、というのはもう昔の話。

ミャンマーの生活・商取引スタイルさえ理解すれば、ビジネスには最適な環境です。ミャンマーの勤労さと低賃金ミャンマーの人々は、器用で仕事をすぐ覚えます。労働意欲が高く、向上心もあり、安価で安定した労働力が確保できます。6,000万人という多くの国民もいます。未開拓の部分が多い他のアジア諸国と比べると、まだ手つかずの部分が多いです。

それだけ成功するチャンスが大きい!

たとえば、ベトナムは、海外から同国への投資先としても注目されている新興国ですが、そのベトナムでさえミャンマーとの連携を計画しています。日本貿易振興機構(2010年)によると、中国企業が約27,000社、タイ企業が約1,300社、ミャンマーに進出しています。これに対して日本は51社のみ。

多くの魅力がありながら、いまだに日本企業の多くはミャンマーを見逃している状態です。 国内市場はすでに飽和、中国などのアジア諸国も出尽くしたと、と悲観の声を上げるのはまだ早い。 アジア最後の経済未開拓市場、ミャンマーが残されています。

ミャンマー視察アテンド

ミャンマー視察アテンド

ミャンマーを知るためには、実際にミャンマーに足を運ぶ事が一番です。

首都であるネピドーや商業都市ヤンゴンなど、クライアント企業様のニーズをお伺いします。弁護士と現地通訳などと共に、安心した視察アテンドに行きませんか?

詳しくみる

ミャンマー現地法人設立までの流れ

現地設立の流れ

ミャンマーに進出する際に重要なポイントである、現地法人設立までの流れについてご説明いたします。

ミャンマーは、法律の変更も数多く発生する可能性があるため、まずは設立までの基本情報をご確認ください。

詳しくみる

ミャンマー基礎知識

ミャンマー基礎知識

ミャンマーの国民性は“親日的であり勤勉である”と数多く紹介されていますが、現地に密着した情報は数少ない状態です。

詳細なミャンマーの国民性・風土・歴史などについて、より詳しく知って頂くことで、ミャンマーを理解する手助けになります。

詳しくみる

コラム「ミャンマーな日々」

コラム

既にミャンマーで企業されている方やミャンマー行政府の方へのインタビューなど、最新のミャンマー情報を随時提供します。

また、ミャンマー国内における食文化、生活習慣、ファッションなどもお伝えする事で、生のミャンマーを感じてください。

弁護士紹介

詳しくみる