ホーム > 弁護士紹介 > 堤 悦朗

堤 悦朗

堤 悦朗

経歴

出身大学 上智大学外国語学部卒業
出身法科大学院 上智大学法科大学院卒業

ごあいさつ

自宅近くに隠れ家的なテニスコートを偶然発見し、学生時代にやっていたテニスを再開しました。その後もっとハードにやりたいという思いに駆られ、現在コーチをつけてマンツーマンでトレーニングしています。以前の部活動の頃は、監督や先輩が言うことが絶対で、しかも彼らは正解がひとつしかないという前提で指導していました。しかし、世界基準では、実際にはいろいろなスイングがあり、いろいろな戦略がありました。どれもが正解であり、その中で自分のスタイルに合ったテニスを選ぶべきだったのです。

現在世界的スターとなっている錦織圭のスタイルは、従来日本でよしとされていたものとはまるで異なります。しかし彼は、アメリカに渡り、そこで自由な発想でプレーすることを培い、従来の日本人とは一線を画すエンターテインメント性あふれるプレイで、世界中のファンを虜にしています。

法律の世界もそうです。正解は一つではありません。いろいろな解釈があり、いろいろな解決策があり、その中から、直面している問題に最も適した方法を選ぶという視点が大事なのです。あなたが頭に描く解決策はそれはそれで一つの正解かもしれません。でも最適解は別にあるかもしれない。その最適解を一緒に探していくのが弁護士の仕事だと思っています。

所属

  • 福岡県弁護士会
  • 国際委員会
  • 法教育委員会
  • 中小企業支援センター

職務信条

知識より知恵、体格より体力、学歴より学力

仕事をする上でこころがけていること

勝ち負けよりも、問題を解決することを心がけています。

取扱分野

倒産、労働、離婚、相続など一般民事全般、企業法務、刑事弁護をよく扱っています。特に、中小企業支援を重点的に行っています。普段の様々な相談事から事業承継やM&Aなど幅広くやっております。日本企業の東南アジアへの進出支援(ミャンマー、ベトナム、カンボジアなど)も行っております。
また、外国人を依頼者とする案件は私が英語で対応することが多いです。例えば、マカオでの訴訟、オーストラリア人の破産事件、韓国人の労働事件、アメリカ人の離婚事件、カナダ人の刑事弁護などです。

主な取扱業務

  • 各種契約案件
  • 訴訟案件
  • その他企業法務全般

所属している専門チーム

  • 刑事事件チーム
  • 離婚問題チーム
  • 労働問題チーム

講演・セミナー

労務・安全配慮セミナー(共催:アクサ生命保険株式会社、2012年)

実践的相続セミナ―(主催:旭化成ホームズ株式会社 西日本総合支店 2017年2月)

著書・論文

  • IAS18号適用上の法的解決ポイント (中央経済社、2010年)

資格

  • 国家公務員第1種(法律職)合格
  • FP技能士2級

使用言語

日本語、英語

趣味

テニス、オセロ、読書

お気軽にご相談ください
03-6234-1585 営業時間 平日9:30〜21:00(但し、借金に関するご相談は24時間電話受付)
お問合せメールフォーム 24時間受付