弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士伊藤 蔵人 Kuroudo Itou

弁護士 伊藤 蔵人
  • 弁護士会 第一東京弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 1996年 03月 湘南学園高等学校 卒業
  • 2002年 03月 早稲田大学法学部 卒業
  • 2002年 04月 日本銀行 入行
  • 2010年 03月 慶応義塾大学法科大学院 修了
  • 2010年 09月 司法試験 合格
  • 2011年 12月 最高裁判所司法研修所(東京地方裁判所配属) 修了
  • 2019年 03月 ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般企業法務
  • M&A
  • 税務訴訟
  • 事業再生・倒産
  • 不動産
  • IT法務
  • 知的財産
  • 労働問題
  • 債権回収
  • 事業承継・民事信託
  • 一般民事
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 遺産相続

特に注力している分野

  • 企業活動に関連する法律問題、とりわけ中堅・中小企業に関連する法律問題(経営者の方やそのご家族、従業員の方などからのプライベートなご相談も含みます。)に注力しています。

ご挨拶

弁護士登録以来、中堅・中小企業法務(法律顧問業務から企業内外の紛争処理まで)を中核として、一般民事事件、家事事件、刑事事件など幅広い業務を担当することを通じて、研鑽を積み重ねて参りました。また、大学卒業後日本銀行に勤務し、主に金融機関に対する検査監督、景気動向分析、行内規程整備などの業務に従事した経験も有しています。
これら職務経験をもって、皆様方に対して質の高いリーガルサービスを適時に提供して参ります。

仕事をする上で心がけていること

  • ・法律相談に際しては、ご相談者の方が直面する事件に関して抱く素朴な疑問や不満にも耳を傾けて、それらを法的問題に引き寄せて解きほぐすよう心掛けています。

    ・受任に際しては、法的観点(訴訟を通じて実現しうる方策)のみに止まらず、事業活動の円滑や生活の平穏をはじめとしたご依頼者の方の総合的な利益の最大化を考慮した提案を行うよう心を砕いています。

    ・事件処理に際しては、法律専門家としての冷静で客観的な視点は維持しつつ、ご依頼者の方と共に泣き共に笑う親身な対応をモットーとしています。

職務信条

  • Every cloud has a silver lining. (どんな逆境の中にも希望の光はある。)

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • IT法研究部会(第一東京弁護士会)

資格

  • 2000年8月 国家公務員採用Ⅰ種試験(法律)合格
TOPへ