弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士栗田 道匡 Michitada Kurita

弁護士 栗田 道匡
  • 支店長
  • 弁護士会 神奈川県弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 2004年 03月 静岡県立静岡東高等学校 卒業
  • 2008年 03月 上智大学法学部地球環境法学科 卒業
  • 2010年 03月 上智大学法科大学院 卒業
  • 2011年 12月 最高裁判所司法研修所(静岡地方裁判所配属) 修了
  • 2011年 12月 弁護士法人ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • B型肝炎訴訟
  • 不動産建物明渡
  • 交通事故
  • 債権回収
  • 遺言・遺産相続
  • 離婚・男女問題
  • 労働問題

特に注力している分野

  • ご挨拶でも申しあげましたとおり、様々な種類の案件に携わらせていただいておりますが、そのうち1つの分野を挙げるとすれば、交通事故になります。
    交通事故については、弊所の専門チーム立ち上げのころから関わっており、個人的に思い入れが強い分野です。

ご挨拶

ベリーベスト法律事務所横浜支店長の弁護士の栗田と申します。東京本店での職務を経て、横浜支店長の任に就くこととなりました。横浜支店は、神奈川県の交通の要である横浜駅から徒歩10分程度の場所に位置し、どなた様もお越しいただきやすい立地となっております。事務所内は、所属弁護士と事務員が協力しあい、和気あいあいといった雰囲気で日々業務を行っております。神奈川県は、人口が多く、個人のお客様に関しましては、本当に多種多様な案件に携わらせていただいております。また、神奈川県には法人のお客様の本店支店も数多くあり、おかげさまで法人のお客様からも多数のご依頼をいただいております。これからも、神奈川に住まう方々、神奈川で働く方々のお力になるべく、微力ながら精進してまいります。

仕事をする上で心がけていること

  • 当然のことですが、ご相談に来られるお客様にとって、最も適当な解決策(弁護士を使うべきか否かも含め)をお示しできるように心がけております。
    そのために、まずはお客様のお話をしっかり聞くことのできる弁護士でありたいと考えております。
    また、法律家の仕事というものは、日々新たな問題が提起され、それに対する解決策を考えていかなければなりません。
    そのため、弁護士を続ける限り、鍛練を怠らないように心がけてまいります。

著書・論文

TOPへ