弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士渡邉 祐介 Yusuke Watanabe

弁護士 渡邉 祐介
  • 弁護士会 東京弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 中央大学法学部 卒業
  • 上智大学法科大学院 修了
  • 住商情報システム株式会社(現scsk株式会社) 勤務
  • ヤマト運輸株式会社 勤務

取り扱い分野

  • 一般民事
  • B型肝炎
  • 刑事事件
  • 不動産建物明渡
  • 交通事故
  • 労働問題
  • IT・WEB問題

メッセージ

はじめまして、弁護士の渡邉祐介(わたなべゆうすけ)です。

私は、IT業界でSE(システムエンジニア)をしておりましたが、あるきっかけから、自分の身近で悩みを抱える人や困っている人をサポートできる弁護士という仕事に魅力を感じるようになり、前職を辞めて弁護士を志しました。

不安を抱えて相談に来られたお客様が、最後には笑顔で帰っていただけるように。
そのために一生懸命に力を尽くします。
よろしくお願いいたします。

弁護士のイメージというと、どのようなものでしょうか。

「敷居が高い」「紹介がないと相談に乗らない」「いくらお金がかかるかわからない」「一方的に法律の話ばかりされる」「落ち度を叱られそう」「些細な悩みなど聴いてくれない」…等々といった声をよく耳にします。

弁護士になる以前の私自身も、そのように思っていました。

私は、そうしたイメージを覆す、「相談してよかった」「またお話ししたい」と思っていただける弁護士でありたいと思っています。

まずはお気軽に。どんなに小さな悩みでも、お聞かせください。一緒に考えていきましょう。

仕事をする上で心がけていること

  • 「スピード対応と密な連携」

    前職で一般企業にいた感覚からすると、裁判を含む法的紛争解決の手段は、ひとつの事件の解決までに、とても時間がかかるものが多いです。
    もっとも、企業のビジネスはスピードが命です。また、不安を抱える個人のお客様への対応がのんびりとしていては、不安も大きくなってしまいます。
    私は、お客様と常に事件や手続きの現状を共有することで、安心して任せていただけるよう、スピード対応と密な連携を心がけています。

職務信条

  • 「お客様を全力で守る」

    本やインターネット検索でたいていのことは調べられる現代において、弁護士に求められているのは、「法律ではこうなっています」「あなたの場合は△△なので法的に無理です」というような、単に法律知識を紹介したり法律を目の前の相談者にあてはめて伝えたりすることではありません。

    求められるのは、法律や制度の下で、どうすればお客様の意向を叶えられるのかを一緒に考え、お客様が抱える悩みや不安を緩和・解消し、安心して前進できるようにすることだと思っています。
    時にはお客様の頭脳となり、時にはお客様の盾となって、お客様を守るために全力を尽くします。

所属団体・活動等

所属(弁護士会の委員会、外部団体など)

  • 骨髄等提供同意立会特別委員会

資格

  • 第二種情報処理技術者(現 基本情報技術者)

趣味

  • スポーツやドライブなど、アクティブに過ごすのが好きですが、家でのんびりと甘いものを食べながら、撮りためた韓流ドラマ(特に歴史もの)を観るのも好きです。
TOPへ