弁護士等紹介 Lawyers and Other Professionals

弁護士赤尾 太郎 Taro Akao

弁護士 赤尾 太郎
  • 弁護士会 東京弁護士会
  • 対応言語 日本語

経歴

  • 1981年 03月 千葉県立船橋高等学校 卒業
  • 1985年 03月 上智大学法学部 卒業
  • 1992年 11月 司法試験合格
  • 1995年 03月 最高裁判所司法研修所(東京地方裁判所配属) 修了
  • 1995年 04月 阿部法律事務所 入所
  • 1998年 03月 大野・水上法律事務所(※現・虎ノ門南法律事務所)入所
  • 2001年 09月 赤尾法律事務所(※2004年4月 赤尾・花﨑法律事務所に名称変更)開設
  • 2016年 09月 ベリーベスト法律事務所 入所

取り扱い分野

  • 一般企業法務
  • IT法務
  • 知的財産
  • 労働問題
  • 一般民事
  • 離婚・男女問題
  • 遺産相続

ご挨拶

IT関連のビジネス法務、知的財産、倒産処理を中心とした民事分野を取り扱ってまいりました。
紛争化した場合の裁判手続の代理だけでなく、企画立案段階での法的な観点からの助言、契約書の作成・修正作業、締結交渉の後方支援などにも対応致します。
これまでの経験を活かしつつ、新しい知見によるアップデートも継続し、ご相談者、依頼者の皆さんのお役に立てればと存じます。
宜しくお願い致します。

あなたの人生/貴社の経営のいろいろな局面で、どんな法律的な選択肢があるのか知りたいとき、法律的な事柄に自分一人では対処できないので手伝ってくれる人や自分に代わって対応してくれる人がほしいとき、そもそも法律的な問題なのかどうかわからないとき、取っ掛りとして、まずは相談申込みをしてみて下さい。

仕事をする上で心がけていること

  • ・相談者・依頼者のお話をよく聞くこと。
    ・法的対応策として考えられる選択肢をよく説明すること。
    ・相談者・依頼者に不都合・不利益な事柄・可能性もよく理解してもらうこと。
    ・相談者・依頼者にとってリスクの少ない無難な選択肢をお勧めすること。
    ・弁護士報酬や必要になる実費をよく説明すること。

著書・論文

TOPへ