田舎の両親との絆を深めてくれた。

インターネットで偶然見つけたリーガルプロテクト。ずっと悩んでいた不払いがこんなに早く、リーズナブルに解決できるなんて驚きです。

私の母親は3年前にオレオレ詐欺にひっかかり、数十万円をだまし取られる被害に会いました。それ以来、私は何かにつけて、母親に電話して何か問題がないか尋ねているのですが、「サラリーマンのお前に聞いても何もわからないだろ」と意地をはるようになってしまいました。そこで、私がリーガルプロテクトを利用して顧問弁護士がついていることを母親に話したところ、「実は、3日前に、リフォーム業者が訪ねてきて、耐震工事が必要だからと言われて契約書に判を押してしまったのだけれど、このまま工事をしてもらわないとだめかね。弁護士の先生に聞いてみてくれる?」と、初めて母親から相談を持ちかけてくれました。さっそく、担当の顧問弁護士に電話相談したところ、訪問販売のリフォーム業者であれば、クーリングオフができることを聞き、教えてもらったとおりに業者と話を進めたところ、契約を解除することができました。これをきっかけとして、母親は、「実はね」と言いながら、色々と相談の電話をくれるようになりました。今は、最近、認知症気味の父親に成年後見人をつけるべきか否かの話を顧問弁護士と相談しながら進めているところです。本当は、私の親自身が直接契約したほうが良いとは思いますが、月々の顧問料や相談料は、親孝行として自分が払いたいし、私を介した方が親も話しやすいようなので、私自身の顧問契約を続けていきたいと思います。 加入者 B様