風俗営業許可申請

01.申請のメリット - 適正店として永続的にアピール、接待行為が可能。

風俗営業許可取得のメリットは?

風俗営業許可の取得で享受できるメリットは、たとえば、以下のものが挙げられます。

適正店であることをアピールできる。 正々堂々と接待行為ができる。 取得後、永続的に風俗営業ができる。

風俗営業許可を取得することで、お客様に対して「適法営業の店」であることをアピールできます。これは、一番大きなメリットとなるのではないでしょうか。そして、お店の接客形態を常に気にしながら営業する必要がなく、正々堂々とお客さんに「接待行為」、つまり、お酌をしたり、デュエットしたりすることができるようになります。また、風俗営業許可は更新制ではありません。一度取得してしまえば、永続的にその店で営業することが可能です。以上が、風俗営業許可の取得から得られる、主なメリットになります。

そもそも風俗営業は、すべて許可制となっており、無許可の営業は処罰の対象となりますので、適正に営業したいという経営者にとって、許可を取得することは、コンプライアンスの面からも非常に大切です。

コンテンツメニューへ戻る
ベリーベストへのお問い合わせはこちら

02.不許可営業の処罰 - 二年以下の懲役もしくは二百万円以下の罰金。

風俗営業許可取得のメリットは?

「風俗営業に該当するかどうか、よくわからないので、とりあえず営業してみて、指摘されてから、また対応すればいいか。」なんて、お考えではありませんか?

風営適正化法では、風俗営業を行う者は、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(所轄警察署の生活安全課が申請窓口)にて、許可を受けなければならないとしています。

無許可で風俗営業を営んだり、虚偽などの不正な手段で許可を受けたりした場合、『二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。』と罰則が明記されています。

罰金といっても、お金の問題では済まされません。刑法上の罰則になりますので、立派な前科となってしまいます。さらに、無許可営業で捕まると、刑の執行が終わったあと5年を経なければ風俗営業を営むことができなくなり、その方が役員として入っている会社も許可を取ることはできません。

知らなかったから、では済まされないのです。

ベリーベスト法律事務所は、風俗営業許可に向けての一切の手続き業務を、適正な手続きで代行致します。

コンテンツメニューへ戻る
ベリーベストへのお問い合わせはこちら

03.3つの基準 - 大きく3つの基準をクリアする必要あります。

風俗営業許可の3つの基準

風俗営業許可を受けるためには、必ず3つの基準をクリアする必要があります。これらの要件を満たしてはじめて、風俗営業の許可申請ができるのです。

基準1:人的基準(許可が受けられない人)、基準2:構造的基準(許可の受けられる建物の構造基準)、基準3:場所的基準(許可の受けられる地域)

詳しくは、ベリーベスト法律事務所までご相談ください。

コンテンツメニューへ戻る
ベリーベストへのお問い合わせはこちら

04.申請の流れ - キャバクラなど2号営業の場合の手続きの流れ。

風俗営業許可の3つの基準

キャバクラなどの2号営業の場合の手続きの流れは、以下の通りです。手続きには余裕を見て、お早めにご相談ください。

お申し込み?許可証交付までの流れ
コンテンツメニューへ戻る
ベリーベストへのお問い合わせはこちら

ベリーベストだからできる、3つのサービスポイント

風俗営業許可申請の3つのポイント

ポイント1:ベリーベストだからできる、適正な手続き。手続きの手順、処理期間、判断基準に地域差があります。

あなたのお店は風俗営業をしてもいい場所でしょうか?

風俗営業には、店舗の周囲の環境を配慮する必要があるため、各自治体が定めた施行条例により、営業できる店舗の場所も厳格に定められています。用途地域および、保護対象施設と呼ばれる、学校、図書館、児童福祉施設、病院、そしてそれらの建築予定地から一定の範囲内にある場所には、店舗は設置できないという距離制限がございます。 そして、この設置場所に関する制約は、全国共通なものではなく、各都道府県、各地方公共団体により異なるものとなっています。

ベリーベスト法律事務所では、各地域の条例に対応した用途地域・保護対象施設の調査もお任せいただけます。

ポイント2:風俗営業許可申請は、事前調査が命です。お客様のご負担を軽減し、本業のご準備に専念していただけます。

風俗営業の許可が下りないことには、開業できません。 許可申請は、専門的な図面の提出があったり、添付書類の収集に官公署を駆けずりまわったりと、煩雑な書類の準備が必要で、そのためには事前の段取りが重要となってきます。

お客様ご自身で許可申請を行うことはもちろん可能ですが、その場合申請が受理されるまで想像以上に時間と手間がかかるかもしれません。すべての書類が揃っていて、不備もなく完璧なものでないと、警察署は書類を受け取ってくれません。もしやり直しが発生した場合、ロスした時間分だけ、開業が遠のいてしまいます。お店が賃貸物件であれば、営業ができないのに賃料だけ発生してしまい、その損失は見過ごせないものとなるでしょう。

ベリーベスト法律事務所にご依頼いただくことで、お客様には、本業のご準備に専念していただくことができます。一日でも早く開業していただけるよう、お手伝いします。

ベリーベストでは、官公署への書類提出・連絡・調整すべてを代行します。

ベリーベスト法律事務所では、風俗営業許可申請の前提となる用途地域・保護対象施設の実地調査から面倒な店舗計測に始まる図面作成、さらには煩雑な官公署への手続きまで、一連の作業を代行致します。

また、お客様ご自身が警察署に出向いて申請をしたり、警察署の担当者とやり取りを行ったりする必要はございません。面倒な申請手続き、担当者との調整業務はすべてベリーベスト法律事務所の行政書士にお任せいただけます。

ポイント3:ベリーベストのアフターフォロー。弁護士、社労士、税理士と連携したワンストップサービスをご提供します。

ベリーベストグループは、弁護士・税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士が在籍しております。この強みを活かし、店舗の不動産契約や警察の摘発などの法律上のトラブル、雇用問題などの労務、税務の問題が生じた場合も、スムーズに弁護士、社会保険労務士、税理士にご相談できる体制を整えております。

営業許可取得後も、お店をサポートします。

風俗営業という業態上、営業許可を取得し、営業開始してからも、警察から立入検査などが入ることがあります。また、長く営業していますと、風俗営業者や管理者の変更、内装工事等による変更承認申請など各種変更手続きも発生するかもしれません。その場合もお気軽に、ベリーベスト法律事務所にご相談ください。 営業許可取得後も、ベリーベスト法律事務所は、あなたのお店をサポートいたします。

お客様にご希望に応じて、お客様に必要なワンストップサービスをご提供いたします。

コンテンツメニューへ戻る
ベリーベストへのお問い合わせはこちら

ご利用料金表

ご利用料金表

●上記料金は、報酬額の目安になっております。店舗の規模により報酬額は変動します。詳細につきましては、お見積書をご請求の上ご確認下さい。
●費用等の記載は全て別途消費税加算とし、費用が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。
●報酬額には、通信・交通費、官公署へ支払う手数料・印紙代等の実費、事務手数料、及び食品衛生責任者や防火管理者の資格取得のための講習費用等は含まれておりません。
 ・風俗営業許可には、東京都の場合警察署への手数料として、実費2万7000円がかかります。
 ・飲食店営業許可には、東京都の場合保健所への手数料として、実費1万8300円がかかります。
●対応地域は東京23区。その他の地域につきましては、ご相談下さい。