為替デリバティブ あらゆる為替デリバティブ問題にベストな答えを。|弁護士法人 ベリーベスト法律事務所



為替デリバティブ問題の解決

専門の弁護士が為替デリバティブ問題を解決いたします。

金融機関から、このような資料で営業をされませんでしたか?

スキーム組成 貴社のご購入 貴社のご売却
オプション種類 ノックアウト付き
$コール
¥プットオプション
ノックアウト付き
$プット
¥コールオプション
1回のご契約金額 5万ドル 10万ドル
予約レート 101.85円
ノックアウト価格 121.50円
オプション料 ゼロコスト
行使期日 各受渡期日の2営業日前

※受渡期間:2006/03/31~2012/10/30

弁護士の介入により、為替デリバティブの減額、返還の可能性があります。

代理人交渉、ADR、訴訟により支払いの停止、解約、損害を取り戻します。

銀行に為替デリバティブ契約の解約を求めても応じてもらえなかったり、解約となっても高額な解約損害(清算)金を請求されたことはありませんか?
裁判外紛争解決手続きであるADR においては、ADR機関が提示した『あっせん案』に基づき契約を解約の上、解約損害金の一部を銀行が負担する解決を図ることが出来ます。
例えば、解約するにあたって、7000万円の解約損害金を請求されていた場合、銀行が3500万円を負担する解決が可能です。
この場合、銀行との関係が悪化することはありません。
為替デリバティブに関する契約を促した銀行の対応に納得がいかず、もしくはADR機関の『あっせん案』に納得がいかない場合、そもそも解約損害金等を支払いたくない、過去に支払った為替差損の取戻しを行いたい場合は、訴訟を提起することになります。

もっと詳しく!