バングラデシュ進出支援

過去のコンサルティング事例のご紹介

過去にベリーベスト法律事務所でご案内させていただきました案件とお問合せをいくつかご紹介させていただきます。案件の規模は大小様々で数多くのお問い合わせとコンサルティングとして対応させていただきました。


案件事例1 投資型進出支援

日本からの投資家の方々に大型投資案件のご紹介と現地観光産業に携わる企業オーナーとのミーティングと対象となるエリアの視察をセッティングさせていただきました。
投資規模としましては30億円以上、かつまだ開発初期段階であるエリアでのプロジェクトであり他の外資系企業よりも先駆けてのご紹介の機会を設けさせていただきました。
この投資案件は現地の銀行からの融資を受けない場合には、利回り40%前後を期待出来るものです。

案件事例2 中古車販売会社

現地企業とのマッチングを希望されている企業様へ、まずはトライアルという事で将来提携業務ができる可能性のあるバングラデシュの企業をご紹介しました。
2013年10月にご紹介した後、バングラデシュが選挙期間に入ってしまったために暴動や反政府デモなどの影響で2014年1月末まで実際の業務が進められませんでしたが、現在トライアルとして4台受注しバングラデシュ企業側と連携を進めております。

案件事例3 土地価格調査

バングラデシュでの土地の調査は容易なものではなく、弊所に依頼をされました。
制度が未熟なバングラデシュで、政府機関と登記所へ赴き1971年バングラデシュが独立する前のパキスタン時代の記録に遡り調査をし、対象土地へ現地調査を進め総合的なデータから土地の価格を計算しました。バングラデシュ側の歴史ある不動産会社にも協力をいただき、お客様へ納得のいく報告書を提出致しました。

お問合せ事例1 繊維製品販売会社

バングラデシュ企業(工場)と取引をしている日系企業様が、現在バングラデシュへ自社の工場設立に向けて調査を依頼されております。

お問合せ事例2 農地開拓

某大手商社にお勤めであった方が、バングラデシュで三耗作、キャノーラ油などの生産を検討中です。
バングラデシュでは農地が安く、かつ三耗作ができる事も魅力とされているようです。

お問合せ事例3 中古車販売事業

某大手の中古車販売業者が、バングラデシュでの中古車販売を検討中です。
税金、運営のフロー、収支の計算など詳細を調査中です。

お問合せ事例4 不動産会社

ディベロッパーとして現地で需要増となっている住宅へのサービスができないか検討中です。

お問合せ事例5 飲食店経営

バングラデシュで日本のカレーを販売する事業を検討中ですが、イスラム圏という事もありハラル食品の取り扱いなど、注意点をご説明しました。

上記の他にも、日系企業様より依頼を受け、バングラデシュ企業側からの債権回収をリーガルサポートしております。

バングラデシュ現地視察アテンド

バングラデシュ現地視察アテンド

法人設立には欠かせない現地の視察をアテンドします。この視察は弊社の弁護士、日本語堪能なベンガル人も同行し専門的な視点からのアドバイスも無料です。

現場で皆様のビジネスフローをイメージしながら、視察をすることが出来ます。

詳しくみる

バングラデシュ現地法人設立

バングラデシュ現地設立の流れ

バングラデシュに進出する際に必要な流れを解説。法人設立には多くの申請書類や審査がありますが、法人設立のベストなタイミングを逃さないようにするため、設立までの基本情報をご確認ください。

詳しくみる

バングラデシュの一般事情

バングラデシュ一般事情

独立してから一貫して新日派で同じアジアに属するバングラデシュではありますが、それでも日本と異なる点は数多くあります。国民性や宗教など理解を深めることで現地でのビジネスプランもイメージ出来るかもしれません。

詳しくみる

バングラデシュの経済動向と政府方針

経済動向と政府方針

まだまだ開発国であるバングラデシュの経済状況はこの数年急速に変化しています。現地進出には欠かせないインフラや電力事情は政府が策定した計画や他機関からの援助と密接に関係し、経済状況にも大きな影響を与えています。

詳しくみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士紹介

詳しくみる